【元記事をコミックナタリーで読む】

劇場アニメ二ノ国」の公開を記念した舞台挨拶が、本日8月24日に東京・新宿ピカデリーで開催され、キャスト山崎賢人新田真剣佑永野芽郁宮野真守坂本真綾梶裕貴津田健次郎、そして監督の百瀬義行、製作総指揮と原案・脚本を担当した日野晃博が登壇した。

【大きな画像をもっと見る】

二ノ国」はもう1人の自分が存在する世界“二ノ国”に迷い込んでしまった、高校生ユウとハルの姿を描く青春ファンタジー。封切り日となる昨日8月23日にも舞台挨拶に登壇している山崎は「上映後の挨拶もさせてもらったんですが、(映画を観終えた来場客が)ほがらかな顔をされていたので、楽しんでもらえたのかな」とその様子を伝える。初挑戦となった声優については、普段の演技との違いに苦労したことを明かしながら、「また機会をいただけたらやってみたいです」と意欲を見せた。

新田も声だけの演技を“難しい挑戦”と表現しつつ、「ぜひ、皆さんと『二ノ国パート2を」と続編に期待を寄せる。続けて「(そのためには興行収入が)100億行かないといけないので、皆さまよろしくお願いします」と新田が述べると、すかさず宮野が「数字を言うんじゃないよ(笑)」とツッコミを入れた。一方、永野は声優再挑戦の可能性を問われると「いやいやいやもう大丈夫です! 恐れ多すぎて」と謙遜。その上で「すごく練習する時間をいただけるのであれば、また挑戦してみたいです」と言葉を添えた。

続いてMCから、宮野、梶、津田、坂本の4名が「声優界のプリンス、貴公子、皇帝(カイザー)、プリンセス」と紹介される。それを受けて宮野は「どうも、おそらくプリンスです。プリンスでーす」と挨拶し、「『二ノ国』という世界観で演じられたのが、声優としてすごく幸せ」と本作への思いを明かす。津田は「僕は……カイザーですか? カイザーやらせていただいてます(笑)」と述べ、周囲に「カイザー役ではないですよね?」と指摘されながらも、自身の演じたガバラスについて「なかなかクセのある、非常にやりがいのある役でした」とコメントした。坂本は「今日初めてプリンセスと呼ばれて動揺しています」と笑いながら、「ヴェルサとサキという2役をやらせていただきました。顔は似ているんですけど、別の人生を歩んできた女性なので、1つの作品なのに二度人生を生きられる楽しさがあり、『得した気分だな』と思いながら演じました」と語った。梶が「声優界では貴公子をやっています!」と話し始めると、宮野から「自分で言うんだねー」とツッコミが。梶は「言う流れだったじゃないですか!」と抗議しつつ、「不適切な発言をお詫び申し上げます」と述べ、会場を笑いに包んだ。

イベントでは、登壇者たちへ「好きなキャラクターは?」という質問がぶつけられた。一番に挙手した新田が「山崎賢人です」と答えると「僕は新田真剣佑が好き」と山崎も即答し、「両思い!」と2人は目を見合わせる。また、宮野が同じ質問の答えに迷っているのを見た津田は「ガバ? ガバラ……?」と自身が演じたキャラクターを選んでもらおうと小声で誘導。宮野はそれに応じて「やっぱりガバラスですね! 存在感すごい。絶対にいけないことしているもん、あの声(笑)。その存在感を声で出せる、つんちょ(津田)のことも好き」と回答、津田も「俺もマモが好き、(宮野が演じた)ヨキも好き」と答え、こちらも“両思い”なことをアピールした。

最後に山崎は「『二ノ国』というすごくきれいな世界と、すごく素敵な音楽と、いろんなものに感動して帰ってほしいなと思います」と観客にメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。映画「二ノ国」は全国の映画館で公開中。

(c)2019 映画「二ノ国製作委員会

「二ノ国」公開記念舞台挨拶の様子。