お墓参りシーズンで忙しそうなお坊さんを尻目に、ゴロンと寝転ぶ猫ちゃん。「猫の手も借りたい」状況なのですが……。

【画像:ネコちゃんの表情】

 話題になったのは千葉県横芝光町にある広済寺で撮影された1枚の写真。お坊さんがお墓に立てる卒塔婆(そとば)に丁寧に文字を入れています。すぐ側には何枚もの卒塔婆が重ねられており、お盆のお墓参りシーズンの忙しさが伺えます。

 こんなときに猫さまが手伝ってくれたらどんなにうれしいか……と考えてしまうのが人間の性ですが、猫ちゃんは「そんなこたぁ猫には関係ないにゃ~」とばかりに、畳でべろんと寝っ転がっています。さすが猫さま、マイペースっぷりがお見事です。

 猫の名前は「くう」ちゃん。広済寺の看板猫なんだそうです。横向きに寝ころび、お腹が丸見えのくうちゃんは緊張感ゼロと言っていいでしょう。お腹を上に向けた「ヘソ天」で、両足は絶妙な角度に開いており、とっても気持ちよさそう。「人間、忙しそうだにゃ~頑張れにゃ~」と言ってくれて……はいないかな。

 忙しそうなお坊さんと、ゆるみきったくうちゃんのコントラストがシュールなこの写真。投稿主である広済寺さんの投稿文「猫の手を(非常に)借りたい時の猫とは 実際こんなものです。」は、現実への諦めと猫ちゃんのかわいさへの完敗っぷりが表現されていてすばらしい……!

 広済寺さんのTwitterアカウントには、看板猫のくぅちゃんと「ラム」ちゃんが一緒に境内パトロールをしている様子や、春夏秋冬美しい自然に囲まれた広済寺の中でのびのび暮らす2匹の姿が投稿されています。

画像提供:@ko_saijiさん

現実とはこんなもの(かわいい)