タレント明石家さんま(64歳)が、8月24日に放送されたバラエティ番組「さんまお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に出演。自身の個人事務所で預かる方針を明かしている、雨上がり決死隊・宮迫博之(49歳)について、ライブ配信サービスSHOWROOMでの“復帰”構想を語った。

この日、オール巨人やハイヒールリンゴらが出演し、吉本興業の“闇営業”問題に触れる中で、さんまは宮迫の契約問題について、まだ吉本側からゴーサインが出ていないと告白。ただ、さんまの中では、個人事務所で預かる方針にブレはないようで、SHOWROOMでの“復帰”構想にも話が及んだ。  

出演者の面々に「SHOWROOMとかあるんやろ? お金放り込んでくれるんやろ? これは宮迫出られるんよな?」と確認するさんま。「それは出られるんじゃないですか?」「出れます、出れます」との声が上がり、さんまは「(SHOWROOMは)スポンサーいないからな。(トークが)錆びたらアカンからな。そういう練習しておかなアカンから」と、宮迫をライブ配信で“復帰”させる意図を説明する。

これには「宮迫さんをSHOWROOMから……?(笑)」「歌唄う人とか出てるよ」など、スタジオから驚きの声も出たが、さんまは「どうせテレビ出られへんやろ、もう、何か月かは絶対。錆びたらアカンからな。トークの勉強せなアカンやないか。錆びんねん。トークて、やっとかな」と続ける。

この構想に盛り上がる一同。ただ、今田耕司が「(SHOWROOMで)あれ歌ったらええやんけ。♪君の声が〜」と、宮迫が“闇営業”で熱唱している動画が流出した、くずの名曲「全てが僕の力になる」を歌い始めると、すぐに「アカン」「くず歌ったら一番いかん」とツッコミが飛んだ。