フランス南西部にあるパルミール動物園Zoo de la Palmyre)で、来園客がシロサイの背中に自分たちの名前を大きく書いていたことが分かった。このシロサイの写真はSNSで拡散し、犯人だけでなくサイを管理する動物園に対しても非難の声が殺到しているようだ。

ポワトゥー・シャラント地方にあるパルミール動物園で今月21日、35歳のメスのシロサイノエル”の背中に来園客が爪を立て、‟Camille(カミール)” と “Julienジュリアン)”の名前を刻みつけていたことが判明した。同動物園はサイを近くで観察できるだけでなく、サイとの触れ合いができることでも知られており、来園客のマナーが改めて問われる形となった。

このノエルの写真はSNSで拡散し、「動物園サーカスは虐待でしかない。いますぐ動物を解放すべき」「動物を見世物にするのは止めるべき」「そもそも動物に触ることができるということ自体が虐待なのでは」「これをやった犯人らは罰を受けるべき」「低能過ぎる」「何故こんなことをするのか、理解に苦しむ」「サイが痩せすぎているのでは? 動物園がきちんと飼育しているのか気になる」などのコメントが多数寄せられた。

これを受けて同動物園では、Facebookに「非常に愚かで、リスペクトが全くない来園客の行動には激しい怒りを覚える」と声明を発表した。また動物園長のピエール・カイエ氏(Pierre Caille)は、『Fox News』のインタビューで次のように語っている。

「来園客は手の爪を立ててサイの背中に自分たちの名前を刻みつけたようです。ただサイの皮膚は非常に厚く、表面は埃や乾いた泥や砂、死んだ皮膚などで覆われているため、背中の文字はブラシを使って簡単に消すことができました。身体に傷はなく、ノエルはもしかすると背中に名前を書かれていたことにすら気付かなかった可能性もあります。」

「このようなことが二度と起こらないよう、今後は世話係の人数を増やすなど園内の監視を更に強化します。また監視カメラの設置についても検討中です。」

年間来園者が70万人とも言われるパルミール動物園は「動物に触れることによって、自然が持つ多様性や美しさに気付き、生涯忘れることができないような経験ができる」と謳っている。ピエール氏は「今回の件に関して法的措置を取ることは考えておりません。来園者がルールを順守する限りは、サイとの触れ合いは今までと同様に続けていく予定です」と述べたが、動物愛護団体などは「管理基準が低すぎる」と抗議の声をあげている。

ちなみに2018年にはチリで、砂浜で死んでいるクジラに「愛してるよ」と落書きし、写真撮影をしていた人々の姿がSNSに投稿され物議を醸した

画像は『ThaiMythbuster 2019年8月21日TwitterAnother example why zoos and circuses with animals should go.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト