25日ソシエダ戦で久保デビューか レアルが才能を認めたMFウーデゴールも在籍

 レアル・マドリードからマジョルカへと期限付き移籍を果たした日本代表MF久保建英。現地時間25日に開催されるリーガ・エスパニョーラ第2節レアルソシエダ戦での出場に期待が懸かるなか、新天地デビュー戦でレアルが才能を認めた“神童”との激突が注目を集めている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 今夏FC東京からレアルに加入した久保は、カスティージャ(レアルB)が主戦場になるかと思われたが、7シーズンぶりに1部復帰を果たしたマジョルカでの武者修行を決断した。

 久保にとって、マジョルカの本拠地であるサン・モイスがスペイン公式戦デビューとなる可能性が高まっているが、対戦相手のソシエダには10代の頃からレアルに期待され続けた“神童”、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールがいる。

 2015年初頭にレアルに加入したウーデゴールは、カスティージャに所属しながらもリーグ戦でチーム史上最年少となる16歳157日でトップチームデビュー。しかしその後はフランスオランダレンタル移籍を繰り返し、今季はソシエダが受け入れ先となった。

「ウーデゴールはロス・メレンゲス(レアルの愛称)加入以降、評価は伸び悩んでいる。しかしオランダで調子を取り戻し、スペインでのプレーにより彼が正しい成長曲線に乗ることが望まれている」

 このように記すとともに「日本人選手の2019-20シーズンにおける意思決定において、レアルの強化部はノルウェー人(ウーデゴール)のような最初のミスを繰り返さないことを決めた」と言及。当初カスティージャに所属していたウーデゴールとは違う方針で久保を育てていくことを明記している。

 18歳の久保と、巻き返しを図ろうとしている20歳のウーデゴール。2人が在籍する両クラブマッチアップは今節の注目カードとなりそうだ。(Football ZONE web編集部)

マジョルカに移籍したMF久保と対戦する可能性があるソシエダMFウーデゴール【写真:Getty Images】