今夏も半ば、連日続く猛暑にうんざりした方も多いのではないだろうか。気象庁の発表によれば猛暑日は増加傾向。2018年には最高気温、東日本の平均気温の観測記録を更新している。

JC・JK流行語大賞
JC・JK流行語大賞では「ハンデファン」がランクイン(©株式会社AMF/PRTIMESより転載)
 そんななか近年では若年層を中心にハンデファンが流行し始めているという。女子中高生向けのマーケティング支援を手掛ける株式会社AMFが手掛ける『JC・JK流行語大賞』では「ハンデファン」が“モノ部門第一位”にランクイン(2019年上半期調べ)した。

 Twitter上では「めっちゃ使いやすい!」「手放せない」といった声が多くみられるが、実際のところはどうなのか。bizSPA!取材班は、ハンデファンの取扱店・使用している学生らに話を聞いた。

デザインも多彩。若年層に流行するワケ

「小さくて、可愛くて、涼しくて。一度使ったら手放せないです」

 そう話すのは都内に住む女子高生のSさん。彼女の持つハンデファンには円の頂上にうさぎの耳が着いている。

「私のはピンクなんですけど、友達は紫。色違いで持ってます。私とその友達は女性アイドルファンで、推しメンの担当カラーに合わせて買ったので、バリエーションが豊富なのが本当に助かります。このあいだのライブにも持って行きました。ライブって熱気すごいし、そういう意味でも助かってます(笑)

 かわいくて使いやすいデザインハンデファンが増えたことも、流行した理由のひとつだろうか。また、いま流行りの“タピオカ”に並ぶ際も、ハンデファンは欠かせないそう。

「この季節にタピオカ並ぶの結構キツくて。でも美味しいから飲みたいし、そんな時にこれに助けられてますね」

メイクにインスタ映え…女性ならではの事情も

ハンディファン
(©株式会社Francfranc/PR TIMESより転載)
 一方で、ハンデファンを使わなくてはならない、女性ならではの事情も。女子大生Tさんは「夏場のお洒落を保つためにもハンデファンは欠かせない」と話す。

「都内に遊びに行くときとか、外の列に並ぶ時にハンデファンを使っています。汗かくとファンデーションがよれちゃうので。

 最近は、SNSを見てもアイドルインスタグラマーなんかが、皆これを持って写真を撮ってるじゃないですか。だから持つこと自体に抵抗感はないというか。

 それに、顔の近くに物を持って写真を撮ると盛れるんですよ! インスタに写真を上げるときなんかは小顔効果もありますし、髪の毛が風になびくので良い感じに“映え”ますね」

 SNS映えを意識する、若者ならではのハンデファン事情。別の学生からは「特に使いたいわけではないけど、流行ってるから、飾りとして持っている」など、周囲に便乗した声も聞かれ、確かに流行は広がっているように感じた。

 

人気のポイントは「低価格・多機能」

brunoポータブルミニファン
RさんオススメのBruno『ポータブルミニファン』(2480円/画像)は、手持ち部分を取り外すことでUSB充電器として使用できる
 ここまでハンデファンが普及した理由はどのようなものだろうか。都内の大手雑貨店の店長Rさんはこの流行に関して「多機能化」「低価格化」を挙げる。

「ここ最近のモデルは、ファンの音が静かなものや、デスクワークでも使えるスタンド付きのものも多く見られます。また、リチウムバッテリーの容量が増えたことで、USB充電器として使用できる商品も登場しており、ハンデファン自体の便利さが高まっている印象です。

 また、低価格化が進んで入手しやすくなったことが大きいのではないでしょうか。最近では多機能なハンデファン2000円前後で入手できますし、100均などにも並んでいるので、お金に制約のある学生さんでも気軽に試せるようになった気がしますね」

 筆者も実際に入手して使用してみたが、想像以上に涼しく使いやすい。また、いざ手に持って歩いてみると周りに使用している人が多く、気恥ずかしさも感じなかった。

 かつては「暑がりに思われて抵抗感がある」など否定的な声も聞かれていたが、ハンデファンが夏の必需品として浸透する日もそう遠くないのかもしれない。

TEXT/bizSPA!取材班>

【bizSPA!取材班】

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

(©株式会社Francfranc/PR TIMESより転載)