アルファ ロメオ2019年8月21日、同社のSUVステルヴィオ」の特別モデルステルヴィオ 2.0 TURBO Q4 モノクローム エディション」を発表しました。

【写真】カラバリは全3色を用意したモノクロームエディション

 アルファ ロメオは戦前から続くイタリアの老舗自動車メーカーで、現在は同じイタリアまれの自動車メーカーフィアットの傘下にあり、2シータスポーツカー「4C」などを展開しています。

 今回、特別モデルが設定された「ステルヴィオ」は5ドアタイプSUVで、日本では2018年に発売された最新モデルベースモデルとなる「2.0 TURBO Q4」に、スポーツパッケージ、ラグジュアリーパッケージを用意しているほか、2.9リッターV6ツインターボエンジンに換装したハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」、ディーゼルエンジン仕様車まで、幅広くラインアップしています。

 今回、新たに追加されるモデルは、フロントグリルサイドミラー、リアスキッドプレートにマットブラックを採用。さらに20インチに拡大したアルミホイールを装備し、スポーティーさを強めました。

 パワートレインには2リッターの4気筒ツインスクロールターボエンジンと8速オートマチックを組み合わせ、最高出力280PS、最大トルク40.7kgf-m(400Nm)を出力します。

 ステルヴィオ モノクローム エディションのボディーカラーは、黒の「ブルカノ ブラックメタリック」など計3色。発売日は8月31日、価格は646万円(税込)です。販売は全国のアルファロメオ正規ディーラーで行われ、生産数は15台のみとなっています。

アルファ ロメオ「ステルヴィオ モノクローム エディション」を発表。限定15台のみ