写真提供: Gettyimages

 明治安田生命J1リーグ第24節・北海道コンサドーレ札幌FC東京の一戦が24日、札幌ドームで行われ試合は1-1の引き分けに終わった。

 両チームとも1-1という結果だとは思えないぐらいたくさんのチャンスを作り、熱い試合でサポーター達を楽しませた。試合後、札幌のミハイロ・ペトロビッチ監督は試合を次のように語っている。


写真提供: Gettyimages

北海道コンサドーレ札幌:ミハイロ・ペトロビッチ監督

(試合の立ち上がりについて)

 「FC東京というチーム経験値が高く、結果を求める戦い方をしてくる。手強い相手だった。

立ち上がり20分までは非常にいい形で試合に入れて、2~3回ゴールになってもおかしくないシーンもあった。そこを決めきれずに先制するとこができなかったのは残念だった。

前半20分以降、我々の守備が下がりすぎてしまって、押し込まれてしまう展開になってしまった。下がりすぎてしまうと、相手の中盤の選手に対してプレッシャーに行けなくなる。そして、自分たちが行けないとわかったら、さらにラインが下がってしまう。下がりすぎず、もっとプレッシャーに行くことができたら前半の終わりはそんなに押し込まれる展開にならなかったはずさ」

(失点したFKの場面について)

「相手に押し込まれたことが原因で我々の陣地の深いところで相手にフリーキックを与え、失点してしまった。

私はそのシチュエーションを見ていて、3枚の壁が立つ必要があったと思った。チャナも含めて3枚立ったけど、あの角度からのキックを考えれば、相手チームは99%中にクロス上げて合わせてくることは予想できる。だからもっと身長の高い選手を置く必要があった。フリーキックの場所によって、誰が立つのかも変わってくる。我々コーチングスタッフの指示に従うだけではなく、そういった場面では選手が自分たちで判断しなければいけないね」


写真提供: Gettyimages

(後半について)

 「1-0リードされた形で前半を終えたが、後半には我々の選手がギアを上げて戦ってくれた。相手もボールを奪って、速攻で我々のゴールに迫ってきた。それで、このゲームは非常にオープンな展開になって、打ち合うような試合になった。後半の早い時間帯に同点に追いついていたことは良かった。前の選手たち以上に積極的に攻撃を仕掛けた。特に相手のボールを奪ってからのカウンターの形は以上に鋭かったね」

(試合を振り返って)

 「今日は最後のところの制度だったり、フィニッシュが得点にならなかったシーンが多かった。そういったところの制度をもっとあげることができれば、後半にはもっと決定的なシーンを作れたと思う。

でも、ボールを奪ってからカウンターへの切り替えはとても良かった。選手たちは狙うべきなところを理解し、理想的な形は何度も作った。フィニッシュのところのボールコントロールさえが良ければもっと得点につながっていたはずだ」

(試合の反省点)

 「今日の試合、反省するところがあるのであれば、やはり失点した時間帯に守備ブロッカーが下がりすぎてしまったこと。そして、カウンターのところの制度。それ以外の部分は狙い通り出来ていてとてもよかった。サイドチェンジからクロスまでの形も以上に良かった。試合をトータルでみると、東京相手に1-1の引き分け、そしてこれぐらいの試合ができたことは私にとっていい結果だよ。

選手たちは逆転を狙い、最後まで戦った。その姿勢がとてもよかった。選手たちを褒めたい。そして、最後まで後押ししてくれたサポーターにも感謝している。この引き分けはこれからの戦いに繋がる大事な勝ち点1だ」