リバプールは24日、プレミアリーグ第3節でアーセナルと対戦し、3-1で勝利した。同試合後、ユルゲン・クロップ監督がクラブ公式サイトで快勝に終わったビッグマッチを振り返った。

ノリッジ、サウサンプトンを相手に連勝スタートを飾ったリバプールは、同じく開幕連勝のアーセナルホームで迎え撃った。試合はFWニコラ・ペペ、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの2トップを前線に残して自陣低い位置に守備ブロックを敷く、やや消極的な戦い方を選択したアウェイチームに対して、ホームリバプールが圧倒的に押し込む。

流れの中ではなかなか崩し切れなかったものの、41分にDFトレントアレキサンダー=アーノルドの右CKをDFジョエル・マティプが頭で合わせ、ホームチームが先制に成功。さらに、1点リード折り返した後半の立ち上がりにはいずれもDFダビド・ルイスとのマッチアップを制したFWモハメド・サラーがPKとカウンターから続けてゴールを奪い、一気に点差を3点に広げた。その後、試合終盤の85分に途中出場のMFルーカス・トレイラゴールを許し、今季初のクリーンシートを逃したもののスコア、内容共に相手を圧倒して開幕連勝対決をモノにした。

同試合後、クロップ監督は“欲望と情熱”と評したチームアグレッシブパフォーマンスを称賛している。

「個人的にこの試合の大部分に関して非常に満足している。ここまでの(公式戦)4試合の中で一番良かったと思う。今日はより長く、より正確に、より良くオーガナイズできていたと思う。同時にこの試合に向けてチームが込めた欲望、情熱、パワーエネルギーを愛しているよ」

「相手の戦い方は非常に我々を苦しめたが、我々は常に意欲をもって戦い、先制点に値する攻撃を見せていたと思う。あれは非常に決定的なヘディンシュートだった。あの瞬間、正確な人数はわからないが、相手の多くの選手がファン・ダイクを意識していた。その中でジョエル(・マティプ)はあの場所にいた。偉大なジョエルが決めた素晴らしいゴールだった。あのゴールによって前半の内容に値するスコアとなった」

「後半に関しては明らかなPKがあった。我々は素晴らしいパスワークをみせ、フットボールの観点から見ても良い場面を幾度も作り出した。ただ、勝利のためには決定的な瞬間を作る必要がある。そういう意味でPKを獲得することができ、3点目は再び素晴らしいものだった。あれは本当に素晴らしいゴールだった」

「そこまでがこの試合に関する物語のほとんどだったんじゃないかな。もちろん、我々にも改善すべき点は多くあるが、今夜は大きなステップを踏むことができた。だから、本当に幸せな気分だ。それがこの短い質問に対して、これだけ長い答えになったんだ」

また、アーセナルがこの試合で採用した[4-3-1-2]のシステム想定外だったことを認めつつ、強力な相手攻撃陣相手に奮闘した守備陣を称賛している。

「何点取れるかは考えていなかったが、アーセナル相手に点を取れるとは思っていたよ。ただ、正直なところ、彼らのシステム(4-3-1-2)は想定外だった。彼らがプレシーズンにあのやり方でプレーしていたかどうかはわからないが、少なくとも私は見たことがなかった」

「悪いボールの失い方は常に危険を生む。今日は一度ヘンド(ヘンダーソン)がそういった状況を強いられたが、彼らのスピードは脅威だった。もちろん、それこそ彼らが望んだ形だった」

「アドリアンはあの瞬間に素晴らしい反応を見せてくれた。ペペに大きなチャンスがあったが、彼が止めてくれた。おそらく、あのようなシチュエーションは間違いなく相手のゴールチャンスだった」

「ただ、今日に関しては我々がより良いゲームを見せた。それにアーセナルのようなクオリティを持つ相手に対して、100パーセントの確率でチャンスを与えないなんてことはない。そのためにゴールキーパーブロックなどのプレーが必要になるものだ。ただ、その数自体は多くなかったと思う」

アーセナルとの首位攻防戦を制して連勝街道を順調に突き進むリバプールは次節、バーンリーとのアウェイゲームに臨む。

サムネイル画像