今年結成40周年を迎える、デュオ「CHAGE AND ASKA」が、様々な事情により、なんとASKAさんが脱退するという異常事態となっております。SAYYESやYAHYAHYAHなど、かつて一斉を風靡したこのコンビが、最近活動休止になり、いつしかまた復活することを夢見ておりましたが、それは叶わぬ夢となりました。

ASKA脱退発表

さてASKAの公式サイトに以下のような記載があります。

この度、弊社所属アーティストASKAが、 2019年8月25日をもちまして、CHAGE and ASKAから脱退いたしますことをご報告させていただきます。

引用:AskaOfficialWeb
https://www.fellows.tokyo/news/?id=324

つまりCHAGE AND ASKAからASKAが脱退し、事実上CHAGEだけのバンドになります。とはいえ、この手のグループであれば誰かが脱退するということはよくあるわけで、何ら不思議なことではないのですが、2人デュオにおいて片方が脱退した場合、それが成立するのか、そもそも名前はどうなるのか。その辺は疑問です。

芸人でいえば「カンニング竹山」がいつまでも「カンニング」を名乗っていることもあり、コンビ名を捨てることがないという例もあるので、相方のCHAGECHAGE AND ASKACHAGEとして活動していく可能性はあります。

とはいえ、名前はどうなるのかとネットでは話題となっております。

ちなみに、CHAGEASKAもそれぞれソロでの活動をしているので、ソロとして活動していくのかもしれませんが、いずれにせよこれは事実上の解散のようなイメージも払拭できません。

某ジャニーズの元メンバーの現在も衝撃的ですが

衝撃的な結末を迎えないようにしてもらいたいものです。



画像が見られない場合はこちら
チャゲアスの「ASKA」脱退でネット「名前はどうなる?」と話題に