インターネット黎明期、毒々しいまでに偏執的活字の暴威でユーザーの心を掴んで離さなかったテキストサイト。栄華は短くも、ネット上に鮮やかな爪痕を残したものだ。懐かしのネットの足跡を振り返ろう。

◆あれからどうしてる? テキストサイト巨匠たちの今

●「僕の見た秩序。

’01年開設。’05年11月に個人サイトとしては日本最大級となる通算1億ヒットを突破。’19年現在も毎日更新中。サイト内のコンテンツが『ゆかいな誤変換シリーズ』(イーストプレス)として書籍化。管理人のヨシナガ氏はインターネット専門家として各種メディアに出演。

●「POPOI」

’00年4月開設。当時としては珍しかった、女性管理人・入江舞氏によるサイト。柔らかい文体に特大フォントを織り交ぜて綴る、OLの赤裸々日記が人気に。全盛期は、一日1万件以上ものアクセスを集めた。『POPOI―27歳いまどき? OLのセキララ日記』という名で書籍化もされたが、’05年に更新停止され現在は削除。

テキストサイト事件簿

テキストサイト界に衝撃!「侍魂」登場>

●「侍魂

先行者」「ヒットマン事件簿」などのネタで、個人サイトで初めて年間1億PVを達成したといわれる。フォントいじりを駆使するスタイルを真似るテキストサイトが多数登場。管理人・健氏はCMにも登場する人気者に。「テキストサイトの歴史は『侍魂』以前・以後に分けられる」とさえ言われた。現在も更新中。

<「吉野家コピペ」誕生。2chで話題に>

「昨日、近所の吉野家行ったんです。吉野家。」でおなじみのコピペ。元は日記サイトNotFound』の「新爆」さんが’01年4月7日に投稿した文章。これが改変され「2ch」に貼られまくり、ユーザーが大挙して集まり牛丼を食べるオフ会を行った。サイト現在ブログ形式で継続中だ。

<はあちゅうバスツアー炎上>

 現在も活躍するブロガー・はあちゅう氏らが’05年6月25日に開催した日帰り温泉バスツアー。参加費は1人1万5000円で、ゲストはのちの大ヒット作家・水野敬也氏だったが、運営の不手際を著名テキストサイト等に糾弾され炎上。開催前日に結婚発表した元「モー娘。飯田圭織のバスツアーと並び「伝説」に。

―[大追跡[テキストサイト]の消えた天才]―


中国のロボットネタ「先行者」は雑誌付録のプラモデルにもなった