こんにちは、ファッションスタイリストライターの角 佑宇子(すみゆうこ)です。夏ドラマも目白押しな作品がたくさんありますね。マンガオタクな私としては、お気に入りのマンガドラマ化されるたびに胸をときめかせています。



(画像:凪のお暇公式サイトより)



 TBS金曜ドラマ『凪のお暇』もまた、かねてより愛読していたマンガの1つでして、黒木華さん演じる大島凪(おおしまなぎ)の可愛さ、高橋一生さん演じる我聞慎二(がもんしんじ)の一途さにすでに悶絶。4話の雨の中で泣きながら慎二が凪を心配するシーンを観て「まじで誰かにあんな風に心配されてぇ……!」と、しばらく足をバタバタさせておりました。


 そんなことはさておき、今回もまた夏の注目ドラマファッションコーディネート解説をしていきたいと思います。今回は、主人公である大島凪というキャラクターの背景とそれに合わせたコーディネートポイントを独自で分析いたします。


◆空気読みすぎOL凪コーデ



 凪のOL時代のコーディネートは、ベース女子アナ風になっていますが、持っているバッグやちょっとした小物に本来の凪らしさを感じます。例えば、同僚の女性社員と朝の通勤で鉢合わせた際に持っていたサブバッグは凪らしいカジュアルさのあるものです。


 また、OL時代のファッションは基本的に白、ベージュ、クリームイエローという柔らかい色合いの配色でまとまっていますね。茶系や白というのは、色彩心理においては「優しさ」「安定感」「純真さ」を感じさせる色として知られているのですが、これらの色がネガティブに作用すると「人に影響を受けやすい」「虚無感」「地味さ」という意味合いを持ちます。


 好んで取り入れる色には、その人の深層心理が隠されていることがあるのですがOLコーデの凪が身につけている色はまさに空気を読んで生活している凪そのものを象徴する色合いなのです。それはそれとして、発表会シーンでの凪のキャリアコーデはかっちりした印象を与えながらも優しさを感じさせるスタイルとして非常に参考になるのでぜひ、みなさんも取り入れてみてはいかがでしょうか。


◆お暇中のゆるゆるコーデ
 うって変わって、お暇中の凪のコーデはダルダルなTシャツにジーパンのファッション。ダボっとしたファッションは、無職生活を楽しむ凪のキャラクターを活かしたスタイルなので完全OFFモードでリラックスしたい時に真似したい着こなしですね。



 基本はビンテージ感のあるTシャツが多いのですが、ハローワークで友人の坂本さんと出会うシーンで着用していたギャザーブラウスは凪らしいナチュラル感のあるコーディネートでよく似合っています。


 ただ、コーデを真似するとなると凪のファッションは少々、体型バランスが取りにくいシルエットなため、ボトムはスタイルアップができるアンクル丈の細身ジーンズに切り替えることをオススメします。スニーカーも細身のシルエットコンパクトにすると、ゆるっとコーデのなかにもメリハリが生まれるのでぜひ参考までに。


 ドラマは女優さんの衣装の着こなしも含めて楽しく観たいものですが、凪は一貫してスタイルが決まっているので他作品に比べると衣装に派手さはありません。しかし、それが逆に私たちの生活により身近なものになっているので、リアリティのある着こなしという意味では非常に参考になる点も多いのではないでしょうか。


 また今後のストーリー展開に応じて、凪のファッションがどう変化していくのかもぜひお楽しみに!


<文/角 佑宇子>


【角 佑宇子】(すみゆうこファッションライタースタイリストスタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラム@sumi.1105