7月21日から1カ月以上も遊べなくなっていたスマホゲーム「戦姫コレクション~戦国乱舞の乙女たち~」が8月23日、公式Twitterにて突然「『サービス一時停止』のお知らせ」という内容のツイートを投稿。「ハッカーの攻撃に遭っていた」と、ユーザーに向けて理由を説明しています。

【その他の画像】

 iGames社(東京都渋谷区)が運営する「戦姫コレクション」は、7月9日に1周年を迎えたばかり。7月21日23時から突入した緊急メンテナンス以降、「メンテナンス中」が表示されるだけでゲームが遊べなくなっており、運営からのアナウンスもないという異常な状態が続いていました。なお、公式サイトアクセスができず、現在もそれは変わっていません。

 今回の発表によると、2019年7月21日23時をもって、サービスを一時停止したとのこと。運営は、

2019年7月21日の夜、「ハッカー」の攻撃により戦姫コレクションのサーバ、またサイトサーバがクラッキングされ、その後の攻撃も止めることなく続いていましたので、クラッキングを更なる厳重な状況にさせないため、プレーヤー様のデータとプライバシーのために、一時的にサービスを緊急停止することにしました。(原文ママ

 と説明。また発表が遅くなったことについて謝罪しています。

 また、ツイートも含め、発表とゲーム内のお知らせ画面では「長続きご愛顧いただき、本当にありがとうございました」(原文ママ)という言葉も述べられています。明確に“サービス終了”とは書かれていませんが、

一年間「戦姫コレ」とともに戦国の世界で楽しんでいただいたすべてのお客様、ご主人様たちに深く御礼申し上げます。

 といった表現もあるように、「一時停止」とはいえ、今後のゲーム再開については一切不明なままです。

 払い戻しについては「法令に従い対応いたします」とのこと。しかし、ユーザー側からすると購入時点から最低でも1カ月以上は期間が経過しており、また再開していないためゲーム内通貨(課金アイテム)の確認もできない状況ですが、特にそういった状況への対応は説明されていません。Twitterで寄せられた声の中では、この1カ月の間にアプリ自体を消してしまった人も多く、運営の対応に多くの不満の声が上がっています。

現在のサービス状況