加藤浩次

24日放送の『24時間テレビ42』(日本テレビ系)に、タレント加藤浩次が出演。着用していたTシャツに注目の声が集まっている。

■「全ては美しいパスから始まる」

しらべぇでも既報のとおり、24時間駅伝に挑戦するハリセンボン近藤春菜水卜麻美アナウンサーを応援するために出演した加藤。第一走者である近藤に激励の言葉をかけ、スターターピストルを鳴らした。

加藤は同番組のチャリティーTシャツではなく私服と思われる英語Tシャツ着用しており、「IT ALL BEGINS WITH A BEAUTIFUL PASS」のメッセージが。

日本語に訳すと「全ては美しいパスから始まる」。元サッカー選手エリックカントナの言葉で、4人のランナーがたすきをつないで走る同企画にぴったりといえる。

関連記事:加藤浩次、24時間駅伝のいとうあさこに「俺だけにはならないで」

■メッセージに称賛の声

メッセージに気づいた視聴者からは「粋だわ」「翻訳したらめっちゃ素敵だった」と称賛する声があがった。

また、チャリティーTシャツを着ない姿勢に「チャリTシャツ着ないところが加藤浩次っぽいよなあ」「なんか彼らしいな」といったコメントもみられた。

■英語Tシャツを翻訳した経験は…

文字があると人は読んでしまうもの。他人が着用しているTシャツを心の中でこっそり翻訳したことがある人もいるだろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,500名に「他人が着用する英語Tシャツを翻訳した経験」について調査したところ、4割以上が「経験あり」と回答している。

Tシャツを翻訳したことがある

加藤がどういった理由でそのシャツを着ていたかはわからないが、メッセージのとおり、近藤たちランナーは「美しいパス」を渡して24時間駅伝を完走してほしい。

・合わせて読みたい→近藤春菜、焼肉店で松本潤と遭遇 レジで店員から驚きの言葉が…

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2014年9月19日(金)~9月22日(月)
対象:全国20代~60代の男女1500名

『24時間テレビ』加藤浩次、着ていた英語Tシャツが話題 「翻訳したら…」