cure1

image credit:Pixabay

 好みの香りを気軽に楽しむことのできる香水は、現代人の暮らしに馴染んだ化粧品のひとつである。

 愛用の香水を使い続けているという人もいればさまざまな香水をコレクションしているという人もいるはずだが、古代人はどんな香りを身にまとっていたのだろう。

 マノアにあるハワイ大学の研究者たちが、2000年前の古代エジプト人がつけていた香水のレシピを解読、再現したそうだ。

 もしかしたら、絶世の美女として知られるナイルの女王・クレオパトラもつけていたのかも?

―あわせて読みたい―

エジプトのピラミッドについてどれくらい知ってる?ピラミッドに関する25の事実
エジプトのファラオたちに関する10の仰天事実
古代エジプト人のDNA分析からわかった彼らの起源。彼らはアフリカよりも中東に近いことが判明(ドイツ研究)
3500年前から採石場に横たわる、未完成のオベリスク(エジプト)
リアルな古代世界には女戦士がたくさんいた。その歴史を検証する。

古代ギリシャの文献をもとにして再現された「ミルラ」ベースの香り

 このレシピは、メンデジアンとメトピアンというふたつの香水について書かれた古代ギリシャの文献をもとにしているのだとか。

 香油や天然成分が配合されているが、ベースはどちらもミルラ(没薬)だという。ミルラアフリカアジアの一部に分布する顕花植物から得られる樹脂のこと。

 チュメニ大学の考古学者、ジェイシルバースタイン博士は

メンデジアンは、軽い香をたいたようなとてもいい香り。メトピアンは、ムスク(麝香)に似た少しきつい香りで、私のお気に入りだ。

クレオパトラのような人は、さぞかし何百もの香りを使い分けていた香水マニアだったのではと思うかもしれないが、文献によるとメンデジアンが彼女の一番のお気に入りのひとつだったようだ


と語る。

kousui1

ミルラ(没薬)

kousui2
ミルラ(没薬)

廃墟となった古代都市で「テル=エル・ティマイ」香水商の家を発見


 古代エジプトで実際に使われていた正真正銘の香りにできるだけ近いものを作ろうと、研究チームエジプトの首都カイロ近くの紀元前300年にさかのぼる都市「テル=エル・ティマイ」の発掘現場から発見されたものを科学分析した。

 「テル=エル・ティマイ」では2012年、ある住居が発見され、そこから銀貨や金銀の宝飾品が大量に見つかっている。近くには、かつて香水のボトルを製造していたらしい窯の跡もたくさんあった。

 これらから、チームはここはかつての香水商の家ではないかと考え、そばで見つかった容器の化学分析を行って、中にあった液体の痕跡を特定しようと考えたようだ。

cure2

image credit:Pixabay

古代世界では死後の世界においてもより奥深い役割を担っていた香水


 香水は古代世界では、特に大切なものだった。デートの前にいい香りを漂わせるおしゃれという意味だけでなく、古代人の生活、死、ときには死後の世界においてもより奥深い役割を担っていたのだ。

 シルバースタイン博士によると

今日のわたしたち以上に、当時の香水は重要な意味を持っていた。儀式や治療行為に欠かせないアイテムで、不死と結びついてもいた。

単なる贅沢品として求められていたのではない。香りは人生の、いや、死後の世界においてもその質を向上させる力をもっていたのだ


とのこと。

cure3

image credit:Pixabay

香水はワニの糞を顔に塗っていたクレオパトラの必需品だった!?


 紀元前51年から30年までエジプトを治め、実質的にプトレマイオス王朝の最後の支配者であったクレオパトラは、すえたにおいのするヤギのミルク風呂に入り、乾燥させたワニの糞を顔に塗っていたと言われている。

 だから、心地よい香りでごまかすことは都合が良かったのかもしれない。

 なお、この香水は9月15日まで、ワシントンDCにあるナショナル・ジオグラフィック博物館の「エジプトの女王たち」展に展示されている。

 古代の香りがどんなものだか、ちょっとでも体験したいという人は行ってみるといいかもしれない。

References:Iflscience / Daily mailなど / written by konohazuku / edited by usagi

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278544.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

あのドロリッチをもう一度。ドロリッチ風カフェゼリードリンク&氷みつゼリードリンクの作り方【ネトメシ】
プラグ充電不要。世界最大の電動ダンプカーは重さは45トン、高さ4.2メートル(スイス)
老化した脳細胞に「自分はまだ若く柔らかい脳の中にいる」と勘違いさせると実際に若返る効果が検証される(英研究)
7位は日本の本州、北海道とアイルランドはほぼ同じ。世界の島を大きさ順に並べてみた。
最初に目に飛び込んだものが、真の自分を明らかにするカギとなる潜在意識テスト(占い)

―知るの紹介記事―

あのドロリッチをもう一度。ドロリッチ風カフェゼリードリンク&氷みつゼリードリンクの作り方【ネトメシ】
看護猫に警備猫、害虫駆除猫など、世の為人の為に働く12業種の猫たち
ウイスキーなら99%以上の的中率。どんな液体でもテイスティング可能な人工舌が開発される(英研究)
1950年にアメリカで発売された世界一危険なおもちゃ。A.Cギルバート社の「子供用原子力研究セット」
ゾウやサルも地球温暖化と戦っている。人間には真似できない方法で森林を保護(中央アフリカ・南米)
クレオパトラも愛用していた?2000年前の古代エジプト人がつけていた香水を再現(米研究)