メジリが試合後に言及「どこからでも1on1を仕掛けてくるいいチーム

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は25日、31日開幕のW杯(中国)に向けた同51位・チュニジアとの強化試合(さいたまスーパーアリーナ)を行い、76-78で惜敗。最大13点差を追いつく粘りを見せたが、最後は残り0.2秒で決勝ゴールを許した。一方、勝ったチュニジアは日本に対し、敬意を示した。

 試合後の会見に出席したマリオ監督は「今日はとてもいい試合、日本はとてもいいチームだった」と第一声で敬意を払った。一方で「チュニジアはディフェンスが良かった。日本はチュニジアのディフェンスにかなり苦戦していたと思う。その苦戦をオフェンスリバウンドでクリアしたが、中のディデンスはチュニジアが大きく勝ち、日本は外からオフェンス中心となっていた」と回顧。「しかし、第4Qは改善してきて、少しずつ厳しくなってしまった」と追い上げられた要因について語った。
 
 一方、昨季はNBAマーベリックスでプレーし、この日両軍最多20得点したメジリはサマーリーグで同僚となった馬場雄大のほか、渡邊雄太、比江島慎と知っている日本人選手の名前を挙げた上で「日本はみんないいプレーヤーだった。日本みたいなチームは個人的に初めて対戦した。みんなよく動き、どこからでも1on1を仕掛けてくるいいチーム」と分析した。しかし、試合については「いろいろあったが、勝つべくして我々が勝ったと思っている」と自チームの勝利について誇っていた。(THE ANSWER編集部)

渡邊雄太(右)とチュニジア代表のサラ・メジリ【写真:荒川祐史】