先日、アメリカ連邦航空局(FAA)が、国内線における一部のMacBook Proの持ち込みを公式に禁止しました。

これは、数カ月前に、一部のMacバッテリーが加熱し、発火の危険があるとして、Appleリコール(製品回収)を発表したのを受けた措置です。

8月1日欧州連合航空安全局も同じように、各航空会社に対して、リコールが発表されたノートパソコンを積んで飛行するリスクについて警告を発しました

すでに世界の4つの航空会社リコールが発表されたMacBook Proの持ち込みを禁止していましたが、今回のFAAの勧告により、同調する航空会社はさらに増えると予想されます。

MacBook Pro 15インチが対象

Bloombergが報告しているように、FAAは現在、米国の航空会社に対し、FAAが定めるバッテリーの安全ガイダンスに従うよう求めています(リコールが発表されたノートパソコンは手荷物としても、預け入れ荷物としても持ち込めなくなる)。

この禁止措置により、アメリカ国内で432,000台のMacBook Proが影響を受けることになります。

影響を受けるモデルは、2015年9月から2017年2月までに販売された15インチMacBook Proです。自分のMacBookProモデルを調べるには、画面の左上隅のAppleメニューから[このMacについて]をクリックしてください。

Fast Companyが書いているように、ここでMacBook ProRetina、15-inch、Mid 2015)か、類似するモデル名が表示されていれば、リコールの対象となっている可能性があります。

もしMacBook Proがリコールの対象になっていたら?

あなたのMacリコールの対象となっていたとしても心配は要りません。Appleバッテリーを無料で交換してくれます。Appleの自主回収プログラムページを開き、マシンシリアル番号を入力し、Appleストアか郵送によるバッテリー交換の手続きを行ってください。

また、自分のMacプログラムの対象となっているかどうかも、このページで確認することができます。

Bloombergによると、バッテリーを交換すればMacBook Pro飛行機に持ち込むことができるようになるそうですが、航空会社のスタッフチェックインカウンターで交換済みかどうかをどうやって確かめるのかは不明です。

念の為、航空会社からMacBook Proの持ち込みを断られたときに提示できるよう、バッテリー交換時のレシートか、Appleが発行する書類の持参をおすすめします。

あわせて読みたい

macOSのセキュリティを最大限に高める7つの施策

旅先での「困った…」を減らす。旅行をラクにする便利ツール7選

Image: Evgenia Parajanian/Shutterstock.com

Source: Fast Company, EASA, NPR, Bloomberg, Apple

Josh Ocampo - Lifehacker US[原文