iStock-1094494378_e

Image by Zephyr18/iStock

 犯罪の歴史において、シリアルキラーたちがどうにも抗いがたいゲームがある。自分を捕まえようと躍起になっている法執行機関をいたぶって楽しむことだ。

 警察に手紙を送ったり、犯罪現場に手がかりを残したり、遺体がありそうな場所へと導く地図を描いたり、不気味な電話をかけたり・・・これらはすべて本当に彼らがやったことだ。

 歪んだ犯罪者は、警察を出し抜くことで自分の賢さや有能さをひけらかす。

 これからあげシリアルキラーたちも例外ではない。このうちふたりは、今日に至るまで捕まっていないというのもまた恐ろしい。

―あわせて読みたい―

世界を震撼させた10人の凶悪連続殺人犯、シリアルキラーたち
シリアルキラーに見られる共通した10の特徴
シリアルキラーはすぐそこに潜んでいる。犯罪学的に見る連続殺人犯の5つの特徴
15人のシリアルキラーに関する驚きの事実
そうとは知らずシリアルキラーと交際していた5人の女性

10. デニス・"BTK"・レイダー


a1_e

 連続殺人犯デニス・レイダーは、1974年から1991年の間にカンサス州ウィチタで10人を殺した。

 その手口から、Bind(緊縛)のB、Torture(拷問)のT、Kill(殺す)のKをとって「BTK絞殺魔」としても知られる。

 彼のせいで、近隣の住人たちは怯え、家庭用防犯システムの設置が大流行りとなった。しかし、大いに皮肉なことに、レイダー1974年から1988年まで、警備会社で警報器を設置する仕事に就いていた。

 レイダーは30年近くも捕まらなかった。その間、「せいぜい頑張って」といった手紙を送りつけたり、それぞれの犯行で遺体を残した位置を正確に描写してみせたりして、警察を愚弄した。

 2005年レイダーは地元のテレビ局フロッピーディスクを送りつけたが、彼が行っていた教会で使ったパソコンから足がついて、ついに逮捕され、終身刑を宣告された。

 現在、カンサスの警備厳重な刑務所で服役している。

9. ゾディアック・キラー


a2_e

 1968年12月から1969年10月の間に北カリフォルニアで、わかっているだけで5人を殺したと言われている連続殺人鬼ゾディアック・キラー

 殺人を犯すごとに、犯人から新聞社に暗号めいたメッセージが送りつけられ、警察を大いに翻弄した。

 ある暗号はこうだ。
 

わたしゾディアック。ところで、わたしが送った最後の暗号は解けたかな? わたしの名は・・・

 そして、文字やシンボルが続くが、いまだに暗号は解読されていない。べつの手紙ではこうも言っている。
 
わたしは人を殺すのが好きだ。なぜなら、とても楽しいからだ・・・森で獣を狩るのよりずっとおもしろい。だって、人間は殺すのにもっとも手強い動物だからだ

 さらに、ゾディアックは、犯人しか知りえない詳細をひけらかしてみせたり、犠牲者はまだ出ると警告したりした。

 ゾディアックについての著書のある作家、マークヒューイット

ゾディアック事件は、アメリカ犯罪史上もっとも有名な未解決事件だ。アメリカ切り裂きジャック事件とも言える。事件を捜査した人間の数もどの犯罪よりも多いと思う

と語っている。

8. デヴィッド・"サムの息子"・バーコウィッツ


a3_e

 1976年から1977年にかけて、ニューヨークで6人を殺害した連続殺人犯デヴィッド・バーコウィッツ。「サムの息子」としても知られている。

 隣の犬に殺人を命令されたと主張し、44口径リボルバーで無差別に人を襲った。

 ニューヨーク警察のティモシー・J・ダウドは、バーコウィッツ逮捕を任命された殺人課チームのひとりだったが、バーコウィッツから十代の娘・メリッサに危害を加えるという背筋も凍るような手紙を送りつけられた。

 最近のドキュメンタリー番組の中で、メリッサは「サムの息子」とか「ケリーの息子」といった言葉を聞いたことを回想している。
 

私はまだ子供で、事の恐ろしさがわかっていなかった。でも、帰宅するとダイニングルームに警察無線が設置されていたり、パトカーが近所を何度も巡回していたわ

 最後の犯罪現場近くに車を停めていたとき、35ドルの駐車違反切符を切られたことから足がついて、バーコウィッツの恐怖支配は終わりを告げた。1977年以降、終身刑で服役している。

7. ジャック・ザ・リッパー


a4_e

 100年以上昔、謎めいた残酷な連続殺人鬼ジャック・ザ・リッパー切り裂きジャック)が、ロンドンホワイトチャペル界隈を恐怖に陥れた。

 1888年、喉から下腹部にかけて切り裂かれた5人の女性の遺体が発見された。

 殺人が始まってまもなく「親愛なるボスへ」という書き出しで始まる一通の手紙がセントラル・ニューズ・エージェンシー新聞社に送られてきて、犯人はまた女を襲い、耳を切り取ると警告した。

 3日後、片耳のない次の犠牲者が見つかった。

 一ヶ月後、今度はホワイトチャペル自警団代表のところに、"地獄より"と始まる手紙が届き、前の犠牲者の腎臓を"焼いて食った"と記してあった。

 そして、アルコール漬けになったもう片方の腎臓が入った小包も同時に届けられた。

 スコットランドヤードの徹底的な調査にもかかわらず、切り裂きジャック事件は、いまだにロンドン史上もっとも有名な未解決連続殺人事件のひとつとなっている。

6. ウィリアム・"リップスティック・キラー"・ハイレンズ


a5_e

 1945年、1946年にシカゴで3人の女性が惨殺された。犯人は、犠牲者のひとりの口紅で彼女の家の壁にこう書いた。
 
頼むから俺を捕まえてくれ、これ以上、誰かを殺す前に。自分を抑えることができないんだ

 マスコミは犯人を「リップスティック・キラー」と呼ぶようになり、警察は次の犠牲者が出る前に犯人を逮捕しようと躍起になった。

 最後の犠牲者は、6歳のスザンヌ・デグナン。自宅から拉致され、2万ドルの身代金を要求するメモが残され、FBIに接触するなと警告してあったが、彼女のバラバラに切り刻まれた遺体がエッジウォーター近辺で発見された。

 事件から半年後、17歳のハイレンズが、アパートに忍び込もうとしたのを気づかれて逮捕された。

 検察官は、指紋と筆跡を分析した結果、彼がリップスティク・キラーだと断定。

 ハイレンズは、警察に拘置されている間に殴られて自白剤を飲まされたと主張したが、有罪答弁と引き換えに死刑を免れた。ハイレンズは残りの人生を塀の中で過ごし、2012年に亡くなった。

5. ハッピーフェイス・キラー


a6_e

 キースハンター・ジェスパーソンは、1990年代前半の5年間に、8人の女性を殺した。この歪んだ連続殺人犯トラックドライバーだったため、全国を走り回りながら卑劣な犯行を重ねていた。

 そのうち殺人で注目されるのに飽き足らず、地元の報道機関を通して、警察をおちょくり始めた。

 まずは、ザ・オレゴニアン紙に、自分が犯した殺人の詳細を記した手紙を送り、ハッピーフェイススマイルマーク)をサイン代わりにした。

 さらに、犯行現場や訪れたトラックサービスエリアの壁にスマイルマークが残されていたことから、「ハッピーフェイスキラー」と呼ばれるようになる。

 なんとか逮捕を免れて1995年までその正体は謎のままだったが、ジェスパーソンの命運が尽きたのは、長年のガールフレンドが証拠を持って警察に駆け込んだとき。

 彼はカリフォルニア、フロリダ、ネブラスカ、オレゴン、ワシントン、ワイオミングで8人の女性を殺したことを自白した。刑務所の中で、殺したのは本当は185人ほどだと豪語した。

4. ニューオリンズの斧男


a10
image credit:Pixabay

 1918年から1919年にかけて、6人を殺し、6人に重傷を負わせた連続殺人犯ニューオリンズの斧男」。イタリア人雑貨店主とその妻が最初の犠牲者だった。

 ふたりは自宅のベッドの中で、喉をかき切られ、頭蓋を斧でたたき割られた状態で見つかった。盗まれた金品はなかった。

 翌日の火曜の夜、タイムズ・ピカユーン紙は一通の手紙を受け取った。
 

俺はジャズがものすごく好きだ。黄泉の国の悪魔に誓って言うが、俺が行った時間にジャズバンドが最高に盛り上がっていたら、その家の者は災いを免れるだろう。

 すべての人がジャズバンドに演奏させれば、みんなにとって、とてもいい結果になる。これだけは確かだ。特定の火曜の夜にジャズを演奏していない家の者は、斧の襲撃を受けることになるだろう


 問題の火曜の夜、ニューオリンズの通りはジャズの演奏であふれ、被害にあった者は誰もいなかった。

 191910月、始まったときと同様、唐突に連続殺人は終わりを告げた。犯人はわかっていない。

3. テッド・バンディ


a7_e

 テッド・バンディは、史上もっとも有名な歪んだシリアルキラーのひとりだろう。

 1974年から1978年にかけて、7つの州で少なくとも30人の女性たちを殺した。事件のもっとも不気味な面のひとつは、バンディが長いこと警察の手を逃れ、残虐な殺人を繰り返していたということだ。

 バンディの長年のガールフレンドエリザベス・クレプファーが、彼のフォルクスワーゲンビートルの前の座席の下にあった鉈(なた)を発見、不審に思って警察に知らせた。

『私のそばの他人(The Stranger Beside Me)』の著者で、自殺防止ホットラインでバンディと一緒に働いていたアン・ルールは、指名手配のポスターからバンディに気づき、警察に通報した。

 だが、それでもバンディを追い詰めることはできなかった。のちの裁判の間も、この冷酷な殺人狂のゲームは続いた。

 自分を弁護する弁護士を自ら演じ、自分を逮捕した警官たちに反対尋問して、捜査の穴を突いた。

 だがついに、バンディは自分の邪悪な行いのしっぺ返しをくらうことになった。1989年、フロリダ州立刑務所でバンディは死刑になった。

2. トッド・コールヘップ


a8_e

 2003年から2016年の間に、南カリフォルニアで7人を殺害した。行方不明になっていたケーラ・ブラウンという女性が倉庫コンテナの中から救出されたときに、ついに逮捕された。

 ケーラは鎖でつながれていて、自分のボーイフレンドが殺されるのを目撃していた。

 コールヘップが鎖で監禁していたのは、ケーラひとりではなかった。彼はスパータンバーグ・ヘラルドジャーナル紙に8ページにわたる手紙を送っていた。
 

そう、まだあと7人以上いる。ぼくは捜査官に話そうとした。FBIに話したが、まるで無視された。今のところ、殺した人数や犯行現場を話す理由はまるでない

 元FBI特別捜査官のジョンダグラスは、最近のドキュメンタリー番組「シリアルキラー:解き放たれた悪魔」の中で明らかにしている。
 
彼が非常に特異で緻密であることは間違いない。自分の能力や暴力性をひけらかすのが好きなのだ

 コールヘップはそれ以来、少なくともあとふたりは犠牲者がいるが、まだ当局に詳細は伝えていないとずっと主張している。

1. ゴールデン・ステイト・キラー


1977 Recording of Suspected East Area Rapist

 ジョゼフ・ディアンジェロは、「ゴールデンステイト・キラー」や「イーストエリアの強姦魔」、「オリジナル・ナイト・ストーカー」、「ヴィセーリアの略奪者」、「ダイヤモンド・ノット・キラー」など、さまざまな名前で知られている。

 1974年から1986年まで、少なくとも13件の殺人と50件のレイプ120軒以上の強盗の罪を犯した。

 何十年もたってから、FBIが証拠のDNAから元警官のディアンジェロを逮捕。ディアンジェロは72歳になっていた。

 ディアンジェロは、逮捕を免れながら、自分の力をひけらかすことを楽しんでいた。

 レイプ被害者たちは、襲われた後、血も凍るような電話を受け、激しい息遣いに続いて脅しの言葉を聞いた。

 FBIが公開したある電話では、ディアンジェロレイプを免れた被害者に、何度もおまえを殺しに行くとささやいていた。

 1977年、ディアンジェロサクラメント郡の保安官事務所に電話して、

俺は「イーストエリアの強姦魔」だ。次の犠牲者はすでに目をつけてつけまわしている。あんたらは決して俺を捕まえられない

と言った。

 2018年のディアンジェロ逮捕のニュースに、難を逃れた被害者や警察は大いに胸をなでおろした。

References:Listverseなど / written by konohazuku / edited by usagi

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278382.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

ネガティブ発言も時には有効。チームを勝利に導く監督がロッカールームでやっていることは?(米研究)
脳は悪い情報に敏感。知らず知らずのうちに誰もが影響を受けている認知の罠「ネガティビティ・バイアス」とは?
レストラン経営者が苦情を訴えた観光客に激怒。車に飛び乗りフロントガラスをたたき割る(アルバニア共和国)
求められていないのに自分のキノコ写真を送りつける男性はナルシストで性差別的であるという調査結果(カナダ研究)
頭にブラウン管テレビを被った男が、民家の軒先に旧型テレビを次々と置いていく不可解な事案が発生(アメリカ)

―知るの紹介記事―

クレオパトラも愛用していた?2000年前の古代エジプト人がつけていた香水を再現(米研究)
あのドロリッチをもう一度。ドロリッチ風カフェゼリードリンク&氷みつゼリードリンクの作り方【ネトメシ】
看護猫に警備猫、害虫駆除猫など、世の為人の為に働く12業種の猫たち
ウイスキーなら99%以上の的中率。どんな液体でもテイスティング可能な人工舌が開発される(英研究)
1950年にアメリカで発売された世界一危険なおもちゃ。A.Cギルバート社の「子供用原子力研究セット」
さあ、ゲームの始まりだ。警察やメディアを弄ぶことを楽しんだ、歪んだシリアルキラー10人