小さな女の子の夢を壊さぬよう、優しい気遣いをみせる警察をご紹介したい。

私、魔法使いよ!

今宵、くだん女の子は魔法の杖を手にしている。

警察官に手を引かれた少女がパトカーに杖をかざすと、あら不思議!

パトカーは彼女の歩みに合わせて、次々に光を放っていくではないか。

This young lady had a magic touch tonight!
We are getting ready to team up with @APHospital again for #GoodnightLights

Officers wave at kids and run lights & sirens while the kids flash their room lights in response. We love putting smiles on the faces of kids! pic.twitter.com/VYytXR2tgy

— Orlando Police (@OrlandoPolice) 2018年11月20日

これは米フロリダ州オーランド警察の署員が一丸となって、女の子の夢を叶えている瞬間である。

杖をかざしパトカーが1台1台光を放つたびに、女の子は嬉しそうに笑顔を浮かべている。

子供たちの笑顔が私たちの幸せです!

そう綴られた同ツイート2018年11月のものだが、最近一部の海外メディアで報じられ改めて注目を集めている。

地元の小児病院に協力

これは同警察が地元の小児病院と協力して行っている「Goodnight Lights」というイベントの一環だという。

イベントでは一堂に会した警察官がパトカーライトを点灯させ、子供たちに手を振る一方、入院中の子供たちは病室で懐中電灯などを振ってこれに応えるのが恒例だそうだ。

And we’re off! OPD teaming up with @APHospital again for #GoodnightLights

We are starting tonight – Officers will wave at kids and run lights & sirens while the kids flash their room lights in response. We love putting smiles on the faces of kids! pic.twitter.com/HtkYVi1F8u

— Orlando Police (@OrlandoPolice) 2018年11月20日

小さな女の子の「魔法使いになりたい」という夢を叶える警察官が優しい