Google8月22日(米国時間)、「Building a more private web」において、プライバシーを強化するための取り組み「Privacy Sandbox」を開始すると発表した。Googleはこの取り組みを通じて、Webのプライバシーにまつわる問題を抜本的に強化するためのオープンスタンダードを開発するとしている。

ユーザーが興味を持つであろう広告を表示するためのトラッキング技術がプライバシー問題を引き起こしていると考えるユーザーは少なくない。Googleもこうした技術が設計の意図を越えて使われていると説明。こうした動きに対し、主要のWebブラウザのいくつかはCookieを制限するなどしてプライバシーの課題を改善としているが、Googleはこのやり方には次のような問題があると指摘している。

Cookieの利用を大規模にブロックすることは、かわりにフィンガープリントなどの技術を使ってユーザーを特定する方法を後押しするだけで、逆にプライバシーに関して悪い状況を生み出す。開発者はフィンガープリントを使ってユーザーを特定する方法を発見している。フィンガープリントはCookieと違って削除できないため、情報収集の方法を制御することができない。これはユーザーにとって好ましい状況とは言えない
広告を配信する別の方法を提供することなくCookieブロックすると、パブリッシャーの資金調達の手段が減少する。パブリッシャーの多くは広告によって費用を賄うことができると考えており、こうした状況が活気あるWebを実現している

Googleは「Privacy Sandbox」によってプライバシーの保護とコンテンツへのアクセスという2つの目的を実現するためのソリューションを確立したいと説明している。

主要Webブラウザは広告トラッキングへの対応などプライバシ機能の強化に取り組んでいる。主要Webブラウザにおいて、Chromeはこうした取り組みが遅れており、ほかの主要Webブラウザとの差異が生じ始めている。Googleは「Privacy Sandbox」に取り組むことで、プライバシー機能を強化したい狙いがあると見られる。
(後藤大地)

画像提供:マイナビニュース