後半14分、自らのシュートのこぼれ球を左足で押し込んで待望のスペインゴール

 スペイン2部サラゴサの日本代表MF香川真司は、現地時間25日にリーグ第2節ポンフェラディーナ戦(1-1)で2試合連続のスタメン出場。後半14分に移籍後初得点を決め、地元メディアも「一流のゴール」と称えている。

 香川は前半14分、最終ラインからのロングフィードに抜け出してシュートに持ち込むも、オフサイド判定。その2分後にはスルーパスでDFカルロス・ニエトのシュートチャンスを演出するなど、トップ下の位置でゲームを組み立てる。

 サラゴサは前半41分にセットプレーからネットを揺らされたが、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)の進言でオフサイド判定となり、ゴールは取り消しに。スコアレスのまま前半を折り返した。

 試合が動いたのは後半14分。右サイドからのクロスを受けた香川が、ペナルティーエリア内でシュート。一度は相手DFにブロックされるも、すぐさまこぼれ球に対して左足を振り抜き、ゴール右隅に流し込んだ。

 移籍後2試合目で生まれた香川のスペインゴールスペイン地元紙「エラルド・デ・アラゴン」は「一流のゴールスペインで素晴らしさを示した」と称えた。

 香川は後半26分に交代。チームは後半41分に失点し、昇格組相手に1-1のドローに終わったが、香川は憧れのスペインで着実に足跡を残している。(Football ZONE web編集部)

サラゴサMF香川は移籍後2試合目で初ゴールを記録【写真:Getty Images】