ホッフェンハイム戦で1点ビハインドの状況から鮮やかな一撃で一時同点に…

 ブレーメンは現地時間24日、ブンデスリーガ第2節ホッフェンハイム戦で点の取り合いの末に2-3で敗れた。日本代表FW大迫勇也は、味方の縦パスからドリブルで持ち込み、今季初ゴールマーククラブ公式ツイッターも「誰も止められない!」と称賛している。

 前半42分に先制したブレーメンだったが、後半9分、14分と立て続けに失点して逆転を許す。そしてビハインドを背負ったまま迎えた後半36分だった。

 パスカットしたオランダ代表MFデイヴィ・クラーセンの縦パスを受けた大迫は、ペナルティーアーク左から中央へ持ち出し、相手のスライディングを回避。そのまま右足を振り抜き、強烈なグラウンダーの一撃で狭いニアサイドゴールネットを揺らした。

 今季初得点を決めた大迫はガッツポーズを決めながら咆哮。クラブ公式ツイッターが「ヤーーー、誰も止められない!」と速報すると、ファンからも「美しいゴールだ」といった歓喜の声が上がった。

 ブレーメンは試合終了間際に勝ち越しを許し、開幕2連敗を喫したが、新エース候補の大迫に今季初ゴールが生まれたのは朗報だった。(Football ZONE web編集部)

ホッフェンハイム戦で今季初ゴールを挙げたブレーメンFW大迫【写真:Getty Images】