いとうあさこ

24日から放送されている『24時間テレビ』(日本テレビ系)。24時間駅伝のアンカーを務めるいとうあさこの元に、応援ランナーとして親友の大久保佳代子が駆けつけた。

■「終わったら飲みに行こうね!」

しらべぇでも既報のとおり、第3区担当の水卜麻美アナウンサーと抱擁を交わしてランナーを交代したいとう。疲れが相当溜まっているにも関わらず、ファンからの応援に手を振って返す余裕を見せていた。

そんな中、17kmを越えた地点で親友の大久保が登場して「あさこちゃん!」と声をかけて並走する。そこで存在に気づいたいとうは、顔を手で覆って感動。「ずっと走ってたの?」「ごめんね、暑いのに」と大久保に話しかけると、大久保は「しゃべんなくていい。終わったら飲みに行こうね!」といとうを気遣う。

関連記事:「新幹線で手をつなぐことも我慢できない人」 いとうあさこが今井絵理子議員に鋭い指摘

■羽鳥慎一アナも思わずツッコミ

その後も大久保は「イタリアン行って、キャベツと豚肉を…」「あさこちゃんが好きな日本酒ロックで…」と完走後にいとうと飲みに行きたい店について話し、いとうも「ロックで。いいね!」と笑顔いっぱいに。

楽しそうに話し続けるふたりに、スタジオの出演者たちも笑みを浮かべる。羽鳥慎一アナウンサーも「親友ということでずっとしゃべってますね」とツッコミを入れた。

■ふたりの関係に「羨ましい」

放送を受け、ネット上では「泣けてきた」「ああいう友達がいるって素敵」とふたりの関係を羨む声が続出した。

■親友の人数は…

まさに親友といえるふたりの関係に「羨ましい」との声があがったが、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,348名に「親友と呼べる人の人数」について調査したところ、3割が「0人」と回答。

SNSを利用してさまざまな人と広く繋がることができる昨今だが、一方で深い関係を築くことに難しさを感じている人もいるのかもしれない。

親友

大久保に励まされ、気力も復活したいとう。無事完走し、約束どおり楽しいお酒を飲んでほしい。

・合わせて読みたい→『イッテQ』いとうあさこ、容姿の変化に驚きの声 「すごい…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年3月23日2018年3月27日
対象全国20代〜60代の男女1,348名(有効回答数)

『24時間テレビ』アンカーのいとうあさこ、親友・大久保佳代子の登場に感動