「RTDトーナメント2019」ファイナル(決勝) 1・2回戦(全6回戦)8月25日に放送され、内川幸太郎(連盟)が1回戦に続き、2回戦も2着フィニッシュ。トータル2位で残り4戦を戦うことになった。
 
 日本プロ麻雀連盟に所属する内川にとって、決勝の対戦相手となる佐々木寿人は同期、藤崎智と勝又健志は先輩となる。「普段と変わったことをやっても、そんなに通用する相手でもない。正攻法でがっつり組んで、後は運が向いてくればいい」と真っ向勝負で決勝に臨んでいた。

 2戦目も安定した押し引きバランスが光った。「アガれなさそうな手もアガれたりもしたので、まずまずの半荘だった」と現在トータル1位の佐々木とは、13.5ポイント差という好ポジションを維持。

 RTDリーグ2018では準優勝と惜敗したため「優勝を掴み取りたい」という思いは誰にも負けていない。【福山純生(雀聖アワー)】

ファイナル2回戦の成績】

1位 勝又健志(連盟)4万5400点 +65.4
2位 内川幸太郎(連盟)2万3400点 +3.4
3位 佐々木寿人(連盟)1万6100点 ▲23.9
4位 藤崎智(連盟)1万5100点 ▲44.9

ファイナル2回戦終了時点でのトータルポイント

1位 佐々木寿人(連盟) +34.4(2/6)
2位 内川幸太郎(連盟) +20.9(2/6)
3位 勝又健志(連盟) +12.9(2/6)
4位 藤崎智(連盟) ▲68.2(2/6)

※連盟=日本プロ麻雀連盟

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグWHITEBLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA~Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール

(C)AbemaTV
内川幸太郎、2連続2着でトータル2位「まずまずの半荘だった」/麻雀・RTDトーナメント2019決勝