dog cover_e


 犬と飼い主がとても深い絆を育んでいればこそ、このような偶然が起こるのだろうか。

 英国スコットランドで、飼い主が息を引き取ったわずか15分ほど後に、愛犬が別の場所で急な病にかかり亡くなった。

 飼い主はがんで長年闘病生活を続けていたが、ついに危篤状態に陥ったその日、特にかわいがっていた愛犬のフレンチブルドッグが急に苦しみだした。すぐに動物病院に連れて行ったが手遅れだったという。

 飼い主は25歳、愛犬は2歳だった。

―あわせて読みたい―

野外で亡くなった飼い主を守ろうと、猛暑の中遺体から離れようとしなかった犬(アメリカ)
感電した飼い主を必死に助けようとした犬だったが...深い愛情で結ばれていたからこそ悲しい結末に。勇敢な犬の物語(インド)
かわいがっていた配達先の飼い犬の死を知った郵便配達員男性、犬が残した最後の願いを叶える(アメリカ)
安楽死の危機から救ってくれた飼い主が他界。空っぽのベッドの横で二度と帰らぬ飼い主を待ち続ける犬の物語
飼い主が事故死した現場で一年半以上、帰らぬ飼い主を待ち続ける犬(ギリシャ)

8年間病と闘ってきた飼い主とそれを支えた愛犬

 スコットランドのアロアに住んでいたスチュアート・ハッチントンさんは、8月11日、25歳という若さでその生涯を閉じた。

 スチュアートさんは2011年脳腫瘍と診断されて以来、手術や化学療法を繰り返すも、2014年2018年にがんが再発し、一度も寛解になることはなかった。

 そんなスチュアートさんを傍で支え続けて来たのが、フレンチブルドッグのネロ(2歳)だった。

 スチュアートさんは、6年前に出会ったダニエルさんと2017年に婚約し、今年1月に結婚。2人はネロとナーラ、2匹の間に生まれた子犬、アメリアの3匹の犬を飼っていた。

 特にネロはスチュアートさんに大変なついており、いつも彼のそばを離れることなく、両者は強い絆で結ばれていたという。

最期の願いを叶えるべく、男性は実家へ

 スチュアートさんは、2018年に化学療法を始めるために入院し、その後は3か月ごとにスキャン検査をした。今年3月の検査では、治療に効果があったとのことだった。

 しかし、5月に夫婦でスペイン旅行をした際、スチュアートさんは手に痛みを感じた。すぐに検査をすると何も異常が見られなかったが、6月になる頃には腕全体が痛みに襲われた。

 検査の結果、スチュアートさんのがんは骨盤と脳全体、そしてあらゆる骨にまで転移しており、治療のなす術はないということだった。

 人生最期の時間を、生まれ育った実家で過ごしたいというスチュアートさんの願いを受け入れた妻のダニエルさんは、スチュアートさんの母フィオナさん(52歳)が住む実家へと一緒に向かい、献身的な介護をした。スチュアートさんが亡くなる4週間前のことだった。

後を追うようにネロも息を引き取る

 8月11日のその日、スチュアートさんの実家にいたダニエルさんに不思議な出来事が起こった。

 なぜか、ダニエルさんの眼鏡が突然壊れたのだ。ダニエルさんが父親に連絡すると、父親は娘が少しでもスチュアートさんとの最期を一緒に過ごせるようにと配慮を見せ、自分が娘夫婦の暮らした家にスペアの眼鏡を取りに行こうと申し出た。

 そして父親が娘夫婦の家に着くと、ネロが具合悪そうにしていることに気付いた。

 今まで変わりなく元気にしていたネロの急変に驚いたダニエルさんの父は、すぐにネロを獣医院へ連れて行った。すると、ネロの脊椎に異常が見られることがわかった。

 しかし治療の間もなく、ネロは息を引き取ってしまった。実はこの15分ほど前に、スチュアートさんが息を引き取っていた。

スチュアートさんとネロは特別な絆で結ばれていた

 スチュアートさんが実家に戻って以来、24時間つきっきりで息子を看病していた母親フィオナさんは、後にメディアの取材で次のように語った。

スチュアートは、11日の午後1時15分に帰らぬ人となりました。そして、スチュアートの愛犬ネロも同日、わずか15分ほど後にこの世を去りました。息子は、3匹の犬を飼っていましたが、特にネロとはとても強い絆で結ばれていました。いつもネロは、息子の傍を離れなかったのです。

いつか、息子が逝ってしまう時が来ると覚悟はしていましたが、やっぱり辛くやりきれない気持ちです。

ダニエルにとっても、愛する伴侶を失っただけでなく、愛犬ネロも失うこととなり、悲しみは大きく、今でもショックを受けています。



 犬が、亡くなった飼い主に深い悲しみを示すことは珍しいことではない。絆が強いばかりに、亡くなった飼い主が生前使っていたベッドの傍を片時も離れない犬や、飼い主が亡くなった現場から動こうとしない犬もいる。

 スチュアートさんとネロに起こった出来事は、遺族にとっては2重の悲劇以外の何ものでもない。しかし少なくとも今、苦しみから放たれたスチュアートさんは、愛犬ネロときっと天国で一緒に楽しく過ごしていることだろう。

References:The Scotish Sunなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278539.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

最初は抵抗していた犬だったが、猫の超絶テクニックになすがまま
ニンゲンさん、お願いなんとかして!助けを求めてボートにまっしぐら!なアシカの子供
犯人はクマ!?玄関先の荷物を子グマが盗んでいく様子が監視カメラ映像にとらえられる(アメリカ)
看護猫に警備猫、害虫駆除猫など、世の為人の為に働く12業種の猫たち
ここにつけたらあか~ん!冷蔵庫にマグネットで張り付けている紙のシートをことごとく落としていく猫

―知るの紹介記事―

イリノイ州の公立学校で、来年7月からLGBTQの授業がカリキュラムに導入される(アメリカ)
さあ、ゲームの始まりだ。警察やメディアを弄ぶことを楽しんだ、歪んだシリアルキラー10人
クレオパトラも愛用していた?2000年前の古代エジプト人がつけていた香水を再現(米研究)
あのドロリッチをもう一度。ドロリッチ風カフェゼリードリンク&氷みつゼリードリンクの作り方【ネトメシ】
看護猫に警備猫、害虫駆除猫など、世の為人の為に働く12業種の猫たち
闘病生活を続けていた飼い主が亡くなって約15分後、愛犬もこの世を去る(イギリス)