厚生労働省の調べによると、もっとも生徒の自殺が増える日は夏休み明けの9月1日。そのため、夏休み終盤に多くの芸能人がSNSなどを通じて、自殺を思いとどまるよう子どもたちに呼びかけています。

そんな中、タレントや声優として活躍する『はるかぜちゃん』こと春名風花さんが、公式Twitterに『いじめについて思うこと』を投稿。反響が上がっています。

「学校に行かなくていいんだよ」という言葉が抱える問題

いじめに苦しむ人たちに向けて、「そんなにつらい学校になんて、行かなくていい」というメッセージを発信する人たちがいます。

春風さんは、その言葉に従った場合に生じる不利益について言及。さらに、解決案を投稿しました。

学校によっては「被害者に学校を休ませる」以外の対策も取られているかもしれません。

しかし、一部の学校では、被害者が学校を休まざるを得ない対応を取ってしまっています。

学校で勉強を受ける権利を奪われてしまう点について、春風さんは疑問を呈しました。そして、『被害者は普通に授業を受け、加害者が自宅待機』という対策を提案したのです。

周囲や被害者のみならず、加害者本人のためにもなる方法を考えた結果、たどり着いた答えなのでしょう。

本当の解決に向けて

すると、春風さんの投稿に「そのまま加害者が自宅から出られなくなったら、責任は取れるの?」というコメントが寄せられました。

春風さんは、コメントに対して次のように返答しています。

①昔はいじめられても休ませてもらえず無理して登校する子ばかりだった。それが僕の世代に「行かなくて良いんだよ」と言って貰えて、救われる子が出てきた。でもいつしかそれだけが正解になり、「いじめられるのがイヤなら学校に行かなきゃ良いのに」とか「被害者を転校させて全て解決!」ってなった。

@harukazechan ーより引用

②今はその「そのまま自宅から出られなくなるかも知れないリスク」を、被害者側が一方的に背負わされている状態。そりゃ、誰が首謀者なのか分からないいじめを解決するよりも、被害者1人を追い出して無かったことにする方がラクだし、被害者もいったん学校から避難することで「その時は」救われる。

@harukazechan ーより引用

③でも長い目で見たら、将来の選択肢がたくさん与えられているのはその時も普通に学校に通っていたいじめっ子たちで、不登校を選択した子たちはそれからもずっと遅れた勉強を取り戻すのに苦労したり、進学や就職の幅が狭まったり、人目が怖くて外に出られなくなったり、茨の道を歩まなければならない。

@harukazechan ーより引用

いじめた側だって相手が学校から消えてしまえば罪を償うことも出来ないし、反省することもできない。それは彼等にとっても、実は不幸なこと。これからは被害者を不登校にすることで「その時だけ」問題を解決したことにしている現状から、もう一歩先の「本当の解決」に踏み出して欲しいと僕は思う。

@harukazechan ーより引用

現在は、いじめられた被害者側が不当に『不登校になるリスク』を背負わされている状態。

本来、自分の問題と向き合い、じっくりと考える必要があるのは加害者側です。

不登校になる可能性はないとはいいきれません。ですが、加害者が変わる手助けを学校や親などが行い、学校生活への復帰まで支えるのが『あるべき形』といえるでしょう。

春風さんの投稿に、さまざまな意見が寄せられました。

・正論です!いつの間にか、加害者が守られる形になっているのは納得がいきません。

・加害者になる子は、環境に問題があることも。自宅待機が加害者の救いになることもあるかもしれませんね。

・私の学校は、いじめたら2回目で強制退学。でも、もっといい対処方法があるならそっちを採用しよう。

いじめを本当の意味で解決するのは困難です。

しかし、時代に合わせてよりよい形を模索していくことは、決して無駄なことではありません。

いじめの被害者と加害者、双方を救うための議論を重ねていきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@harukazechan厚生労働省
※写真はイメージ