門楼まりりん(画像は門楼まりりん公式Instagramスクリーンショット

どんな家に住むかで、心身の調子は大きく変わるもの。居心地のいい部屋だとゆっくり快適に過ごせるが、逆の場合は最悪、病気になってしまうこともある。

そんななか、前代未聞のカビハウスに住むことになってしまったグラビアアイドル門楼まりりんが、ブログで近況を明かしている。

■カビハウスのせいで歯茎まで炎症?

しらべぇでも既報のとおり、家賃9.3万円のデザイナーズマンションが、虫やカエルが大量発生するうえ、服やバッグがカビる最悪な物件だった門楼。

そんな部屋に住み続けた結果、肺炎、咳喘息を発症。今まで順調だった仕事も減り、貯金も切り崩すことになり、また免疫力の低下の影響か親知らずが酷い炎症を起こすまでに。歯科医師から「はやく引っ越しなさい」と言われたことを、21日更新のブログ記事で明かしていた。

関連記事:カビマンションに住むグラドル、歯茎に激痛 医師の言葉に驚き

■歯茎の炎症なかなかおさまらず

その後、23日にこの件について再び、ブログを更新した門楼。この日、朝から歯医者に行くも「結果は、全く変わらず」だったそうで「また来週経過を見せに来てね」と、腫れたままの親知らず(付近の歯茎)に薬を打たれたという。

「本当につらいというかピリッとして痛くて、口の中に膜を張る感じがどうも慣れません」と、その処置について綴った門楼。「腫れ引くの遅くないでしょうか?」「痛み止めが切れると痛くて痛くて」と不安をにじませつつも、「でも膿は少しマシになったそうです」「まだまだ先が長いですね」と前向きに述べた。

■ツイッターでも前向きな本人

そこそこの家賃で借りた部屋がカビハウスで、服やバッグだけでなく自分の体までボロボロになって、おまけ親知らずまで炎症してしまった門楼。

そうは言っても引っ越し費用が貯まるまでは今の部屋に住み続けるしかなく、帰宅先はカビハウス。「泣きっ面に蜂」ならぬ「泣きっ面にカビ」という感じだが、本人はあくまで前向きなようで、自身のツイッターでは「カビハウス」で検索1位を奪取したことを報告する。

もちろん、「前向きにならないとやってられない」という気持ちもあるのだろうが、それでも前向きな姿勢は、応援したくなるものだ。

■約6割がつらい出来事を力に

カビハウスに住んでしまったことで、色々とつらいことに見舞われた門楼。挫けそうになった瞬間もあるだろうが、しらべぇ編集部の調査に対し、全体の57.7%が「つらい出来事があったおかげで今がある」と回答している。

つらい出来事があったおかげで今があると思うグラフ

カビハウスから無事引っ越し、病気も完治させて「あのときの経験も、決して無駄ではなかった」と思える未来を手にしてほしいものだ。

・合わせて読みたい→筧美和子、『テラハ』メンバーと再会 「てっちゃんは?」の声も

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

カビハウスに住むグラドル、歯茎の炎症が治まらず 「痛くて痛くて」