メディアアンケート、怪物タイソンら新旧王者13人に井上もノミネート

 11月7日さいたまスーパーアリーナで行われるワールドボクシングスーパーシリーズWBSS)の決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネアフィリピン)と激突するWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。英メディアは「近年、英国で戦った最強の海外ボクサー」のアンケート特集を行い、元世界ヘビー級王者マイク・タイソン(米国)ら猛者とともに、井上も最強ボクサー候補に選出されている。

「議論 英国で近年戦った最高の海外ボクサーは誰?」とアンケートを行ったのは英テレビ局スカイスポーツボクシング」公式ツイッターだった。

 タイソンを筆頭に、元3階級制覇王者マルコ・アントニオ・バレラ(メキシコ)、世界ウェルター級王者テレンスクロフォード(米国)、元世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキンカザフスタン)ら、新旧王者13人の中に「Naoya Inoue」の名前も候補者としてノミネートされた。

 5月にグラスゴーで行われたWBSS準決勝で無敗王者エマヌエル・ロドリゲスプエルトリコ)に鮮やかな259秒KO勝ちした井上。ハイライト動画では、ロドリゲスを沈めた左フック一閃の名場面も紹介され、返信欄で地元ボクシングファンはゴロフキンや第1回WBSSクルーザー級優勝者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)とともに、モンスターの名前を次々に挙げていた。

モンスター派の主張「世界王者のぶっ倒し方がクレイジーだ」

「ウシクかイノウエだ。対戦相手の格を考慮すれば」
イノウエ。彼は掛け値無しのマシーンだ」
イノウエだ」
「個人的にはイノウエだが、ウシクは僅差で2位」
イノウエとウシク。すぐにロマが加わることになる」
イノウエ。世界王者のぶっ倒し方がクレイジーだ。他にあんなことをできる人間を見たことがない」
「間違いなくイノウエ!!」
ダントツイノウエ
クロフォードイノウエ
イノウエ100%だ」
イノウエは紛うことなき恐怖」

 ロドリゲスを沈めた衝撃の259秒で、英国で一気に知名度を高めた井上。26日はドネアとともに都内で会見に出席して驚かせたが、WBSS決勝は英国でも注目を集めそうだ。(THE ANSWER編集部)

井上尚弥【写真:Getty Images】