top

 アメリカで里親募集中の巨大なイエネコが話題をさらっている。巨大な猫と言えばメインクーンという品種が良く知られているが、この猫はメインクーンではない。

 スタッフが抱きかかえるのも一苦労のこの猫は体重はおよそ12キロ。品種はアメリカンショートヘアのようだ。アメリカンショートヘアの平均体重は4~7キロだというからかなりオーバーサイズである。

 2歳のオス、猫のビージェイ(BeeJay)は、「ミスターB」の愛称で親しまれており、その性格はとてもおおらかだという。

 この猫を保護している施設が、迫力ある猫の姿をTwitterに投稿したところ反響を呼び、飼い主募集の問い合わせが殺到しているという。

―あわせて読みたい―

デカいわ!ヤマネコかよ!イエネコの巨大種「メインクーン」と飼い主たちの比較画像
体長1.2メートル!スコットランドの森で絶滅危惧種の巨大なヤマネコが発見される。
子どもが外に出ちゃったよ!ヤマネコ母さん大あわての巻
耳毛キュートなワイルドキャット「カラカル」の子猫。お腹がすいたときの鳴き声のピキピキ感がすごい(要音声)
これは眼福。美しすぎる3匹のメインクーンのいる生活を覗いてみよう。

大きな体でおおらかなビージェイ氏

 このたびフィラルフィアの動物保護施設、モリス・アニマルフュージュ(Morris Animal Refuge)が里親募集を呼び掛けたのは、ビージェイという名の大きな猫だ。

2_e


 その貫禄からミスターBとも呼ばれる彼の体重は11.8キロ。年齢のほうは2歳の誕生日を迎えたばかり。

 施設は、B氏の圧倒的なジャイアントボディが収まる広い家と、この巨体をがっちり受け止めモフリ倒せるほどの愛情と気構えをもつ引き取り手を望んでいる。

1


 なお、彼の性格はとてもおおらかで愛らしく素晴らしい猫だという。しょんぼり顔にも見えがちなB氏に幸せいっぱいな猫生を送ってもらうこと。それがスタッフの願いなのだ。

フォロワー注目。ぜひ我が家へ!という声も

 愛すべき巨大猫B氏のツイートはまたたく間に拡散。絵面からしライオンキングのようだという声まで浮上した。


 おっとりしてモフりがいがありそうなB氏に熱視線を送るフォロワーが続出。問い合わせも殺到している。

・今までで一番素敵なオス猫!一瞬でメロメロになっちゃった。彼に寄り添ってすべての愛を捧げるつもりよ!

・こちらのゴージャスな紳士はまだ里親を募集中かしら?彼にふさわしいロイヤルな家をプレゼントしたいの。でも今は受付も忙しいようね。明日あらためて電話するわ!

施設でのんびりくつろぐB氏の最新動画


生まれつき骨太?ヤマネコ疑惑も上がったB氏


 なお施設はB氏の品種について、多彩な毛色で知られ飼い猫としてもポピュラーアメリカンショートヘアとみなしており、彼は通常よりも筋肉質の骨太なネコとコメントしている。決してすごく太っているというわけではなく、生まれついての大物だったようだ。

 一方「ヤマネコでは?」という声もあったようだが、その可能性は低いという。

 型破りなボディでネットを席巻するビージェイ氏。これだけの人気を博す彼ならば、新たな家族もすぐに見つかりそうだね。

References:mashable / uniladなど /written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278597.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

ドアを通るときは必ず後ろ向きで歩く犬
ボクはわんこじゃないんだけどね。ラグドールのトビー、飼い主さんの「取っておいで!」を楽しく遊ぶ
これってカラス?それともウサギ?見方によってはウサギにもカラスにも見える動画が面白論争を巻き起こす
闘病生活を続けていた飼い主が亡くなって約15分後、愛犬もこの世を去る(イギリス)
最初は抵抗していた犬だったが、猫の超絶テクニックになすがまま

―画像の紹介記事―

何これおいしそう、アイスクリーム?いいえ違います。ゴルフボールの断面です。
いつもお世話になってるんで。人間を愛情込めてマッサージするハムスター
7位は日本の本州、北海道とアイルランドはほぼ同じ。世界の島を大きさ順に並べてみた。
朝起きたらバスルームで愛犬がこんな顔してた。冷凍ポテトをこっそり食べようとして食べ損ねたブルドッグの表情
地質学者がGoogle Earth(グーグルアース)で見つけた、興味深い20の地形
ヤマネコではありません。メインクーンでもありません。体重約12キロの巨大猫の姿にネットがどよめく(アメリカ)