bear cover_e

Alexas_Fotos/pixabay

 欧米では、愛する家族の生前の声をテディベアに録音し、形見として大切にすることは珍しくない。

 カナダのノバスコシア州に住む7歳の少年も、亡き母が生前に録音したメッセージ入りのテディベアを普段から大切にしていた。

 ところが、ホリデー先でそのテディベアが入ったリュックごと忘れてしまう一大事が起きた。

 少年の継母は、テディベアを見つけようとSNSで助けを呼びかけた。すると、地元住民から発見したという奇跡のメッセージが届いた。おかげでテディベアは、無事に少年のもとへ戻ることになった。

―あわせて読みたい―

人間っていいな:大親友のぬいぐるみを置き忘れてしまった6歳の少年に空港職員が粋な計らい(アメリカ)
テディベアがいない!絶望的な状況から少女の大親友を見つけ出してくれたのはママの元クラスメートだった。
テディベアの手を握ると今は亡きおじいさんのやさしい声が。特別なクリスマスプレゼントをもらい涙ぐむ姉妹
それは特別なテディベアだった。戦場からの家族へのメッセージが込められていたテディベアの持ち主大捜索が始まる。その結末は!?
とにかく巨大化。世界最大のテディベアは全長20メートルでギネス記録(メキシコ)

ホリデー先でテディベアを失くしたことに気付く

 ノバスコシア州に住むマックマスターさん一家は、今年の夏をアルバータ州エイドリーで過ごした。

 しかし、帰宅して大切なものがなくなっていることに気付いた。それは、ダンカン君(7歳)の実母の声が中に録音されているテディベアだった。

 ダンカン君の母親は、亡くなる前に愛する息子へと特別なメッセージを録音し、テディベアのお腹に入れた。そのぬいぐるみダンカン君はいつも大切にしており、今回のホリデー先にも持って行った。

継母がフェイスブックで呼びかけ、奇跡が起こる

 母親の形見とも呼べるかけがえのないテディベアを失い、大きなショックを受けているダンカン君のために、継母のランエルさんはフェイスブックで助けを呼びかけた。

 この投稿がきっかけとなり、エイドリーではテディベア紛失のニュースが地元ラジオ局でも報じられ、拡散。SNSニュースを通して一件を知っていた地元住民のハイディエリックソンさんも、テディベアの行方を密かに案じていた。

 そして、偶然の奇跡が起こったのである。

 ハイディさんは、13歳の息子と友達を連れてノーズ・クリーク公園にやって来た。息子たちをその場に残し、再び迎えに来た時、ハイディさんは送ってきた時にはなかったリュックが公園の入り口付近にあることに気付いた。

テディベア発見に地域全体が喜び露わに

 ハイディさんは、「もしやあのリュックなのでは」と思い、中身を確認すると、やはりその中にはテディベアが入っており、信じられない気持ちになったという。

 すぐにフェイスブックで確認すると、間違いなくそれはダンカン君のテディベアであることがわかった。

息子が、確認のためにぬいぐるみのお腹を押さえてみたら、メッセージが聞こえてきたんです。それを聞いて、涙がこぼれました。(ハイディさん)

 その後、テディベアは地元ラジオ局の配慮で、責任をもってダンカン君のもとへ届ける約束がなされた。

 それまでの間、地域ですっかり有名になったテディベアは、ハイディさんと一緒に地元の名所を回り、記念写真を撮影。その様子はフェイスブックにも掲載され、エイドリーの市長自らもテディ発見を喜ぶツイートをした。


 この知らせを聞いたダンカン君が喜び安堵したのは言うまでもない。大切な母親の形見を失ってから数日は、深い悲しみに沈んでいたダンカン君だったが、見つかったことに感謝の気持ちを伝えた。

ヒーローは2人の素晴らしい母親

 リュックを公園で発見したのはハイディさんだが、誰が最初に見つけて公園の入口付近に放置したのかは不明である。

 しかし、最も大切なことは形見のテディベアがダンカン君のもとへ戻るということ。発見者の1人となったハイディさんは、このように話している。

このストーリーの真のヒーローは、やっぱりダンカン君のお母さんだと言っていいでしょう。生前に、息子のためにこんなふうにメッセージを残すほど、ダンカン君のことをとても愛し気にかけていたのですから。

そしてまた、継母ランエルさんもダンカン君が亡き実母の思い出を大切にしていることを理解していて、ぬいぐるみを見つけるためにSNSで呼びかけたことは、それだけダンカン君を気にかけていることだし、素晴らしいことだと思います。


 エイドリーでのツアーを終えたテディベアは、間もなくダンカン君のもとへ帰る予定だ。

References:The Western Journalなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278604.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

エクササイズ用の振動マシンに免疫細胞や腸内細菌の構成を健全化する効果が確認される(米研究)
マンデラ効果とは何か?不特定多数が「偽の記憶」を真実だと思い込んでしまう集団的な誤解
イリノイ州の公立学校で、来年7月からLGBTQの授業がカリキュラムに導入される(アメリカ)
2030年には完全に消え去る予測。腐食が進む悲劇の豪華客船・タイタニック号(米調査)
さあ、ゲームの始まりだ。警察やメディアを弄ぶことを楽しんだ、歪んだシリアルキラー10人

―知るの紹介記事―

エクササイズ用の振動マシンに免疫細胞や腸内細菌の構成を健全化する効果が確認される(米研究)
“呪われた博物館”の隠し扉がついにオープン。密閉された部屋の中にあったものは…(イギリス)
マンデラ効果とは何か?不特定多数が「偽の記憶」を真実だと思い込んでしまう集団的な誤解
ピラニアが大胆にラーメンにオン!ピラニアラーメンが期間限定で登場(東京・浅草)
海岸をさまよう空中浮遊生物かな。砂が描き出す決定的瞬間をとらえた「サンド・クリーチャー」
亡き母の声が録音されたテディベアを失くした7歳児。継母がSNSで呼びかけ、奇跡の発見に(カナダ)