【この記事の動画を見る】

中国の動物園で暮らすサルが、鋭く尖った石を使って園舎を囲むガラスを叩き割ろうとしていたことが分かった。園舎から逃げようとしていたのかは分からないが、道具を上手く使ったサルの行動に動物園スタッフも「前代未聞」と驚愕しているようだ。『Shanghaiist』『South China Morning Post』などが伝えている。

河南省にある鄭州市動物園で今月20日、コロンビアに生息する種のシロガオオマキザル(Colombian white-faced capuchin)が園舎のガラスを石で割ろうとする姿が捉えられた。

手に収まるほどの大きさの石を抱えたこのサルは、両手で持った石を頭の上に掲げると目の前のガラスに向かって振り下ろしている。動画では、1回、2回とガラスを叩いた後に大きなガラス全体に一気ヒビが入り、驚いたサルがその場から走り去っていくのが確認できる。

この様子を見ていた来園客も、さすがにヒビが入るとは思わなかったのであろう。笑い声から一転、「あああ」と驚きの声をあげている。

サルの様子を観察していた来園客のワンさん(Wang)は「ガラスを割る前、サルは石を尖らせていました。ガラスにヒビが入った直後は逃げていきましたが、しばらくすると戻ってきてガラスに触っていたようです」と語っており、サルの知能の高さに驚いた様子だった。

一部始終を捉えた動画はSNSで拡散しており、地元メディアインタビューを受けた動物園スタッフは、このサルについて次のように明かした。

「他のサルはクルミを歯で噛み砕きますが、あのサルは道具を使ってクルミを割ることができるのです。それでも石でガラスを割ろうとしたのは初めてのことです。強化ガラスで破片が散ることはありませんでしたが、園舎からは石や武器になるような道具は全て撤去ました。これからはサルが脱走することがないように、パトロールも強化していかなければなりませんね。」

なおシロガオオマキザルは知能が高いことで知られており、過去には樹洞に溜まった水を飲むのに木の葉を使ったり、水をすくいやすいように木の葉の形を整えるなどの行動も観察されている。

ちなみにこの動画を見た人からは、「サルも進化してるんだね」「園舎の中で一生を終えていくサルのことを思うと素直に笑えない」「映画『猿の惑星』を彷彿させる」「このサルの立場は、中国の支配下から抜けきれない香港のようだ」「動物を見世物にするのは止めようよ」「このサルは次の作戦を考えていると思うよ」「園舎には違う種類のサルも同居しているようだね」などのコメントがあがっている。

画像は『Daily Star 2019年8月26日付「Genius monkey sharpens rock before smashing it against zoo window in escape bid」(Image: ASIA WIRE)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト