交通運輸・物流業界ではいま、人や荷物を自律的に運ぶロボットの開発が進んでいる。空の分野をみると小包を配達するドローンサービスがちらほら出てきているが、近い将来、より大きな荷物も輸送できるようになりそうだ。

ヘリコプターメーカー大手の米ベル・ヘリコプターはこのほど自律飛行する電動輸送機「APT 70」の試験飛行に成功した。この試験にはヤマト運輸も協力していて、日本の空でも飛ぶようになるかもしれない。

・最高速度は時速160キロ

APT 70は電気で動く垂直離着陸型機(eVTOL)。 ミサイルのような形状の4本の“足”の先にローターを備えている。

テキサス州フォートワースで行われた試験飛行の映像を見ると、APT 70はまず垂直に浮揚し、一定の高度に到達したのちに、機体を斜めにして水平方向に飛んでいる。ベルによると、最高速度は時速160キロに達したという。

・人手不足の解決策として

APT 70には最大32キロの荷物を搭載できる。他のメーカーや運送業者が現在展開している配達用のドローンは最大積載量が数キロのものがほとんどで、32キロというとかなり“大口”の運送需要に対応できる。

これこそがヤマト運輸の狙いだ。APT 70の航続距離は明らかにされていないが、無人で輸送できるというのはトラックドライバーや配達スタッフの確保に悩む物流業界にとって解決策となり、作業の効率化にもつながる。

一方で、陸上でも自動走行トラック、消費者の玄関口まで小包を運ぶロボットなどの開発が進んでいて、今後の物流は先端技術を搭載したロボットに支えられることになりそうだ。

Bell

(文・Mizoguchi)