今年で22回目を迎えた、高校生が5人1チームで俳句の出来栄えや鑑賞力を競う「俳句甲子園全国大会」。27日の『スッキリ』(日本テレビ系)では、愛媛県松山市で行われた17日の予選リーグと18日の決勝リーグの模様を放送した。今大会には同番組MCの加藤浩次(極楽とんぼ)の母校・小樽潮陵高校が出場しており、後輩らの活躍を優しい眼差しで見つめていた。

この「俳句甲子園全国大会」を1998年に仲間と一緒に立ち上げたのは、現在『プレバト!!』(TBS系)で出演者の俳句の査定を担当している俳人・エッセイストの夏井いつきさんだ。俳句の出来栄えだけを競うコンテスト形式ではなく「5人対5人の団体戦で、俳句の良し悪しを議論する」ことにこだわったという。今大会も予選リーグから審査員席に夏井さんの姿があった。

全国の高校から120チームが参加し、その頂点に立ったのは青森の弘前高校だ。そして同校に接戦の末、予選最終決戦で敗れたのが加藤浩次の母校・小樽潮陵高校である。彼らに「今も学校で語り継がれている“加藤伝説”があるか」と質問したところ、「修学旅行中に少しハメを外してしまったという話を、聞いたことがある」と教えてくれた。だが、その内容は絶対に話せないと口をつぐむ。加藤のためを思って内緒にしたのだろう。

そんな先輩思いの小樽潮陵高校の後輩から、加藤へ俳句のプレゼントがあった。

「烏(カラス)の子 飛び立てるよう 海のはじ」

近藤春菜(ハリセンボン)が代読すると、“はじ”に反応した加藤が「小樽の“恥”ってことか…」と力無くつぶやき「小樽の皆さん、申し訳ない」と深々と頭を下げた。しかし詠み手の清川祥太君によると、“これから先、我々も加藤さんもずっと成長して、もっと広がっていけたら”との思いが込められており、未来への夢が広がる句なのだ。さらに仕掛けがあり、三句の一文字目と最後の文字を繋げると“かとうこうじ”になる。海の“はし(端)”を“はじ”と詠んだのも、それが理由なのだ。

ツイッター上では「小樽の恥(はじ)の加藤さん」「小樽の恥w」「小樽の恥って(笑)んなことないって。 小樽潮陵って北海道内でもかなりの進学校なんだよ」と大ウケだったが、実際に小樽市民はあの“加藤の乱”をどう見ていたのだろうか。
(TechinsightJapan編集部 みやび

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト