8月24日から25日にかけて放送された日本テレビ24時間テレビ42 愛は地球を救う』のチャリティーマラソン企画は、ハリセンボン近藤春菜ガンバレルーヤよしこ水卜麻美アナウンサーいとうあさこの4人がたすきをつなぐ駅伝形式で挑戦。実況は森圭介、リポーターは岩田絵里奈という箱根駅伝2号車のアナウンサーコンビで行った。『24時間テレビ42』が終わった翌日、森圭介アナがインスタで朝の情報番組『スッキリ』に生出演した近藤春菜水卜麻美アナとのオフショットを公開している。

「24時間駅伝」を実況しながら「ランナーの熱い想い」を感じたと振り返る森圭介アナ。「自分のためというより、誰かのために成し遂げたいと想うとき、あるいは何かを伝えたいと想うとき、人はすごい力を発揮する」という大切なことをたすきをつなぐ4人から教わり、とにかく「しゃべってて、めちゃくちゃ楽しかった!」という。

チャリティーマラソンに向けて減量してきた近藤春菜水卜麻美アナには番組からご褒美が用意され、近藤が牛肉のシャトーブリアンを使った高級カツ丼、水卜アナは角煮が贅沢に4つもトッピングされた鶏白湯ラーメンを堪能していた。

オフショットでそんな2人の横に並ぶ森圭介アナ。駅伝の様々な場面が思い出されたのだろう、涙をこらえるような感極まった表情が印象的だ。

森アナの投稿には水卜アナが「尊敬する先輩に実況をつけてもらえたこと、一生忘れません。ありがとうございました」とコメントしたのをはじめ、フォロワーから「お疲れ様でした、モリスケさんこと、駅伝さん」、「『駅伝さーん』の後の森アナの返し最高で楽しみになってました! お疲れ様でした!」、「森さんの実況から愛が伝わってきて泣けました 森さんお疲れ様でした」などの反響が寄せられている。

画像は『森圭介/日本テレビアナウンサー 2019年8月26日Instagram24時間テレビの24時間駅伝で見事完走した2人。」、2019年8月24日Instagram24時間テレビ、今年のチャリティマラソンは4人のランナーがタスキをつなぐ24時間駅伝!」、2019年8月23日Instagram「いよいよ24時間テレビの24時間駅伝!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト