アフタヌーンティの文化が根付くイギリスで、ティータイムに欠かせないスコーン

近年は日本でもベーカリーショップカフェなど、さまざまな場所で売られていますね。

イギリスの首都ロンドンで暮らすNoire(@Lovelylndeed)さんは、本場イギリススコーンについてのツイートを投稿。反響を呼んでいます。

本場のスコーンの食感は…

本場のスコーンは「外はサクサク、中ふわっふわ」でなく「外はモスモス、中はモサモサ」

確かに、「サクサク、ふわっふわ」を期待して食べたら、想像と違いすぎて驚いてしまうかもしれません…!

Noireさんは、本場のスコーンのおいしさを次のように語っています。

ブサ可愛いルックス、そしてあのワガママBodyから繰り出される重量、そのままだと窒息するところをジャムとクロテッドクリームのわずかな水分が救う…最高です

日本で「おいしいそう」といわれるスイーツの表現とは異なりますが、スコーンへの興味がわいてきますね!

ちなみに『クロテッドクリーム』とはイギリス特有の乳製品で、バターと生クリームの中間のようなものだそうです。

投稿を読んだ人たちから、さまざまなコメントが寄せられました。

スコーンがふわふわなんて…本場はそんな軟弱じゃない。

・ヴィクトリア近辺のお店で食べたら、モスモスモサモサで歯にグルテンを感じるLovelyな食べ物でした

分かります!母が作ってくれるのはまさにそんな感じでした!紅茶がないと飲み込めないスコーン大好きです!

・常に理想のスコーンを追い求める者です。理想のスコーンとは『圧倒的質量』『吸水性』『パサつき加減』の三要素がそろったものです。

「日本では自分で作ったほうが、本場のスコーンに近い味を味わえるかもしれない」というNoireさん。

小麦粉や砂糖、牛乳など身近な材料で簡単に作れるそうなので、焼き立てを味わってみたい人は、試してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Lovelylndeed