Image: ギズモード・ジャパン編集部

レフの魅力かシャッター音の魔力か。

キヤノンから先ほど、有効画素数3250万画素のAPS-Cカメラが2台!発表されました。

1つは一眼レフ機の「EOS 90D」、もう1つはミラーレス機の「EOS M6 Mark II」。90Dはしっかりボディに光学ファインダーでガシガシ撮れる。M6 Mark IIはコンパクトなのにシャッター音が脳汁生産機。迷う。

どちらも一足先に触らせていただいたので、1分レビューファーストインプレッションをお届け!

ハンズオン記事もあるのでぜひ。迷う〜!

キヤノン「EOS 90D」ハンズオン:3000万画素超え!出し惜しみナシのAPS-C一眼レフ

キヤノン「EOS M6 Mark II」ハンズオン:This is 快楽のシャッター

Source: キヤノン