Image: Android Developers

格安開発環境に。

今年のGoogle I/Oでも発表されていましたが、Androidアプリの開発環境ことAndroid Studio」が正式にChrome OSサポートしました。これで、お手持ちのChromebookでもガリガリと開発に取り組めますよ!

今回ベータ版から安定版へとバージョンアップされたAndroid Studio 3.5では、Chromebookへの対応の他にもパフォーマンスと安定性の向上がはかられています。これまで発生していたメモリリーク、バグ、IDE統合開発環境)のハング、などの修正に焦点が当てられているそうです。

Android Studio 3.5の動作推奨環境は、Kaby Lake世代のCore U-seriesのプロセッサかつ、8GBのRAMを搭載していること。また、以下のラップトップが推奨マシンとして掲載されています。

AcerChromebook 13/Spin 13、Chromebox CXI3 Lenovo:Yoga C630 Chromebook HP: Chromebook x360 14、Chromebox G2 Dell: Inspiron Chromebook 14 ASUS: Chromebox 3 ViewSonic: NMP660 Chromebox CTL: Chromebox CBx1

Android Studio 3.5のダウンロードこちらから。もちろん無料ですよ!

Source: Chrome Unboxed