ESCALE(東京都品川区)は8月27日アメリカ発の多機能バックパック「Lifepack2.0(ライフパック2.0)」の日本上陸を発表した。

7月15日から開始したクラウドファンディングが目標金額の1000%を達成したそうだ。

背中のパネルで発電→バッテリーに蓄電

Lifepack2.0」はソーラー発電、盗難防止機能、ライフゾーンワークゾーン収納など13の特徴を備えたバックパック。

ソーラーパネルとモバイルバッテリーがひとつになったソーラーバンクを内蔵しており、スマホタブレットなど電子機器の充電切れに悩まされる問題を解決する。

バックパックの背中にあるソーラーパネルで太陽光により1時間で450アンペアの電力を発生し、蓄電される。

耐衝撃パソコン収納や、ガジェット類を美しく整理できる構造を持ち、ビジネスバッグとしても日常つかいができる。

万が一の災害時には、防災バッグとして力を発揮。安否確認や情報収集に重要なライフラインの1つである電源を同バッグがサポートする。

アメリカで特許済みのワイヤーダイヤロックに、ナイフを刺しても切れない耐刃素材、貴重品を隠せるシークレットポケットなど、あらゆる被害から荷物を守る機能も搭載されている。

出典元:ESCALEプレスリリース

出典元:ESCALEプレスリリース

出典元:ESCALEプレスリリース

出典元:ESCALEプレスリリース

同バッグを割引価格で購入できるクラウドファンディング2019年9月9日18時まで実施している。

Lifepack2.0 (ライフパック2.0)】
カラーステルスブラックチャコール
・重量:ソーラーバテリー257グラム、バッグ本体1250グラム
・容量:18リットル
クラウドファンディングURLhttps://www.makuake.com/project/lifepack2/

ソーラー発電ができる「多機能バッグ」が日本上陸へ。普段使いと防災機能を両立