E1A 新名神高速道路 鈴鹿PA(集約)「PIT SUZUKA」では、現在展示している鈴鹿8時間耐久ロードレースマシンから、2002年シーズン佐藤琢磨さんが搭乗したF1マシンへ車両(※1)の入れ替え作業を行います。

●入れ替え日時:8月29日(木)14:00~
当日は、車両入れ替えの作業風景をお客さまにも見学できるようになっておりますので、ぜひ鈴鹿PA(集約)へお越しください。

●展示予定車両について

車両名:ジョーダン Honda EJ12 (Jordan Honda EJ12)

スペック

チーム名:DHL ジョーダン Honda
ドライバー:佐藤 琢磨
ゼッケン:10
エンジン:RA002E, 水冷 4ストローク V型 10気筒 DOHC 4 バルブ
排気量:3,000CC
参戦年:2002年

【概要】
2002年F1世界選手権シリーズに、HondaのV型10気筒エンジンRA002Eを搭載し参戦したマシン
バンク角の拡大により一層の高出力・軽量コンパクト・低重心化を図り、800馬力以上の性能を発揮。
最終戦の日本GPで佐藤琢磨が5位入賞を果たした。
※1 展示車両は実際に走行した車両ではなく、展示用モデルになります。

●「PIT SUZUKA」地域連携スペースでの車両展示について
2019年3月17日の「PIT SUZUKA」開業以降、スーパーアグリSA07のF1マシン3月17日6月21日)、同6月21日からは鈴鹿8時間耐久ロードレース参戦マシンを展示。
今回は3期目となり、2002年佐藤琢磨さんがドライバーとして所属したジョーダンHondaのF1マシン(展示モデル)の展示を開始することになります。


1期目(2019年3月17日6月21日
スーパーアグリSA07(Super Aguri SA07)

2期目(2019年6月21日8月29日
Honda RVF750
Honda CBR954RR
Honda RVF750, Honda CBR954RR

配信元企業:中日本エクシス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ