[記事提供:カウンセリングのハートコンシェルジュ(https://www.heartc.com/)]

 アメリカ心理学者で、元アメリカ人間性心理学会会長だったビュージェンタールは、「全ての精神疾患は病気ではない」と言い切っていました。

彼によれば、うつや不安といった精神疾患は、人間の精神的成長のプロセスの一部であると言います。精神疾患を克服したとき、人間は、大きく成長すると言うのです。


カウンセリングに携わっていると、クライアントさんが、うつや不安を克服し、新しい世界観や価値観を獲得するという場面に出会います。視野が広まり、より大きな世界を見るようになるわけです。

人間の心の成長のプロセスは、およそ、「習慣化した世界観の破壊と混乱」⇒「世界観の再構築」⇒「新たに獲得した世界観の習慣化」となります。

そして、精神疾患(例えば、うつや不安など)は、大きな「習慣化した世界観の破壊と混乱」が起きている状態と、僕はとらえています。

・合わせて読みたい→
あなたは大丈夫?パワハラ被害の会話パターン3つ(https://cocokara-next.com/stress/conversation-of-power-harassment-damage/)

精神疾患と言われるものから回復するとき、その人は、ひとまわりもふたまわりも大きくなると考えています。

ですから、僕もビュージェンタールと同じように、精神疾患といわれるものを「病気」とは、呼びたくない気持ちがあります。

病気と言うより、成長のプロセスにおける混乱だと考えています。

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

[記事提供:カウンセリングのハートコンシェルジュ(https://www.heartc.com/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

精神疾患は、病気ではない