2019年8月27日は、映画「男はつらいよシリーズ第1作上映から50周年にあたり、「祝!50周年 寅さんファン感謝祭」が東京・新宿ピカデリーで開催された。

8月27日は例年「寅さんの日」でもあり、19年のこの日は新宿ピカデリーに「男はつらいよシリーズ」のファンと山田洋次監督・倍賞千恵子さん・佐藤蛾次郎さんが集まり、第1作の「男はつらいよ」の応援上映が行われたが、そのイベントには、この夏のコミックマーケットで寅さんのコスプレイヤーと撮影者も参加するという、粋な再会があった。

「元ネタはわからないのですが...」

きっかけは2019年8月12日コミックマーケットに参加していたツイッターユーザーのアガサさんが、「男はつらいよ」の主人公の寅さん(車寅次郎)のコスプレをしていた、ハンドルネームも「寅さん」を撮影し、それを

「申し訳ない、元ネタはわからないのですが、イケてるお方がいたので撮らしていただきました!」

というコメントとともに投稿した。これが、「寅さんを知らない若者がついに現れた!」という驚きとともにネットに広がった。

すると、このムーブメントを知った松竹からアガサさんに連絡があり、8月27日イベントに招待してもらえたというのである。10代のアガサさんは本当に寅さんを知らなかったそうで、寅さんファン感謝祭で初めて映画を観て楽しめたという。

コミケからこのイベントまでの流れは驚きばかりで、あれほどの反響があったという現実感が湧かなかったのですが、楽しい思い出になってよかったと思います」

イベント直後、J-CASTニュースの電話取材に感想を語ってくれた。

「ワイワイガヤガヤ上映」で第1作が上映

この盛り上がりのもう一人の主人公である、寅さんコスプレの「寅さん」本人もイベントに参加していた。イベントでは寅さん風のコスプレや小物の着用や、上映中に声援や拍手を送る、近年浸透している「応援上映スタイルもOKの、「ワイワイガヤガヤ上映」で第1作が上映された。コミケ同様の、全身寅さんスタイルで参加した「寅さん」によると、老若男女幅広い世代が客席にいて、若い寅さんファンも少なくなかったという。J-CASTニュースが「寅さん」らへ取材した「若者は『寅さん』を知らない? コミケコスプレ20年以上(以下略)」(8月24日配信)の記事も現地で話題になっていて、ワイワイガヤガヤ上映は盛り上がっていたそうだ。

「昔の映画館もワイワイガヤガヤ上映のように歓声を上げたり、歌を歌ったりと堅苦しくない雰囲気で観ることができたそうで、寅さんを愛する人が今もこんなにたくさんいたんだと実感しました」

と語る「寅さん」。現地では「寅さん」とアガサさんとの再会もかない、寅さんからは「寅さんを知らなくても格好いいと言ってくれたのがうれしかったです」、アガサさんからも「寅さんを知れたいい機会になりました」と挨拶を交わせた。

J-CASTニュースの記事でも注目され、「ネットニュースの盛り上がりもすごいし、アガサさんにも感謝してもしきれません」と寅さんは率直な気持ちも語った。50周年の寅さんの日は、コミケに始まったネットのトレンドも手伝って熱気に満ちた1日になったようだ。

J-CASTニュース編集部 大宮高史)

8月のコミックマーケットで、アガサさんの写真と投稿で時の人になった寅さん(提供:寅さん)