キヤノンは、デジタル一眼レフカメラEOS 80D」の後継機「EOS 90D」を9月中旬に発売する。同社のAPS-Cセンサー搭載カメラとしては、最高レベルの有効画素数3250万画素を実現。光学ファインダーによる本格的な写真表現を可能にしたほか、高速連写と高画質を両立した。

画像付きの記事はこちら



 最高峰のセンサーと新映像エンジンDIGIC 8を組み合わせることで、ノイズの少ない高解像な写真に仕上げる。画像の一部を切り出すトリミングで一部分を拡大しても、高画質な画像を残すことができる。

 また、新映像エンジンと約22万画素の新測光センサーで、ファインダー撮影時に被写体の顔を自動で検出して追従する「EOS iTR AF」を搭載。人物にピントを合わせやすくなったと同時に、動きの速い被写体でも高精度にピントを合わせることができるようになった。

 ライブビュー撮影も進化しており、高速・高精度なピント調節が可能になっている。被写体の瞳を検知してフォーカスを合わせる「瞳AF」は、ファインダー撮影時のほか、ライブビュー撮影時、サーボAF/動画サーボAF時でも使用できるようになった。連写性能は、ファインダー撮影時が最高毎秒10コマ、ライブビュー撮影時が毎秒11コマ。スポーツや動物など動きの速い被写体を快適に撮影することができる。

 ハードウェア面での特徴は、ライブビュー切替ボタンの下にあるマルチコントローラーだ。上位機種にも搭載されている機能で、ファインダー撮影時も、ライブビュー撮影時も、快適にAFフレームの選択や瞳AFでのフレーム移動、MENU画面での項目を切り換えることができる。

 サイズは幅約140.7×高さ104.8×奥行き76.8mmで、バッテリとカードを含む重さは約701g。公式オンラインストアでの税別価格は、本体のみが15万円、「EF-S18-135 IS USM レンズキット」が19万7500円としている。

キヤノンが9月中旬に発売するデジタル一眼レフカメラ「EOS 90D」