8月28日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、安藤なつ(メイプル超合金)、大島美幸(森三中)、川村エミコ(たんぽぽ)、ぺえ、光浦靖子(オアシズ)がゲスト出演。一重まぶたのメリットについて評論家陣に相談したところ、次々に飛び出した“一重あるある”がSNS上でも共感を呼んだ。

【写真を見る】安藤なつ、大島美幸、川村エミコ、ぺえら“一重まぶた”女子

“目”は女性がコンプレックスを感じる顔のパーツ第1位に挙がるだけに、一重まぶたならではの悩みは多いそう。光浦が「たぶん二重の人、分からないと思うんですけど…」と口火を切るや、一重まぶた女子は、「アイラインをバッチリ引いても目を開けるとアイラインが見えない」「二重に見せたくて、まぶたの中央にダブルラインを引く」「目つきが鋭いために第一印象が悪く、にらんでいると勘違いされたり指名手配犯といじられたりする」「外へ流れていく溝がないため、汗が直接目に入ってくる」「平安時代だったらモテる、海外ではモテるとよく言われる」など、さまざまな“一重あるある”を訴えた。

これを受けて評論家陣からは、「一重まぶたの方が視野が狭くなるため集中力が高い人が多い」「一重まぶたの人はアジア圏にしかおらず希少性が高い」「外見でチヤホヤされることが少ないため一重まぶたの人は頑張り屋で負けず嫌いが多い」「海外では一重まぶたでのっぺりした塩顔に希少価値があり、黒髪ストレートおでこを出したロングヘアの女性は特に人気」といった、一重まぶた女子の長所やメリットが挙げられた。

実際、マツコデラックスが「日本のモデルさんで世界クラスになった人って、みんな一重だよね」と気付いたように、ファッションモデルの山口小夜子や冨永愛は“一重のトップ”と光浦。海外映画の日本人役に一重まぶたの俳優が多いのも、一重まぶたでないとスタートラインに立つことすら難しいからだと評論家陣が補説した。

そんな中、目の名医・福田慶三氏が「安藤さんと大島さんのタイプは、美容外科医泣かせのモンゴル系の朝青龍タイプ」とバッサリ。脂肪と筋肉が分厚く二重まぶたが作りにくいと説明すると、大島も「たしかにアイプチ(二重のり)しても、ひとつも成功しないです!」「パーンパーン! て跳ね返ります」と声を上げた。

そこで、クリップでまぶたの余分な肉を挟む美容外科手術シミュレーションに大島が挑戦したところ、「めっちゃ見えやすいです! なんか天井が見えます、初めて。前見てても上が見えます」「私、明日からこれつけます! すっごい見やすいです」と大興奮するほどの変化が。

明石家さんまやマツコも「かわいらしいわ。新しいわ、お前コレ!」「大島、すごい美人に見えるわ(笑)」「きれい! すっごいきれいになる」と絶賛。大島もあまりの変化に「…皆、こんな景色見てんすね」と詠嘆の声を漏らし、スタジオを沸かせた。

SNS上では先週の予告放送時から注目が集まっており、放送中も「わかりみしかない」「アイプチパーンあるあるw」といった共感コメントが続いた。また、ぺえが8月26日に「夢がひとつ叶った日」とマツコとの初共演について語ったInstagramにも注目が集まっており、ファンや一重まぶた女子から「初共演おめでとう!」「もらい泣きしちゃった」「ぺえちゃん自身がかわいいんだよ~」「大好き!」といった応援コメントが寄せられている。

次回の「ホンマでっか!?TV」は9月4日(水)放送。横浜流星が出演し、「人に弱みを見せるな」と言われて以来、感情を閉じ込めて泣くことができなくなってしまったという悩みを評論家陣に相談する予定。(ザテレビジョン

「ホンマでっか!?TV」に出演した大島美幸