「男性はマース(火星)から、女性はベノス(金星)から来た」という程、男女には埋めがたい頭構造の違いがあります。女子なら「分かる!分かる!その気持ち!」という事も、男子にとっては「???」。


そんな男子がウンザリする、「聞きたくない女性の8の言葉」を紹介します。

1.「ねえ、今、何考えてるの?」
あなたのことを考えていたら、彼は言うでしょう。そうでなければ、ただ単に男性は「何も」考えていないのです。

2.「ねえ、私って太ってると思う?」
恐らくこれをうまくかわせる男性はまずいないでしょう。なぜなら、どう答えようとそれは「間違った回答」だからです。女性はここでYes、Noの答えなど全然求めていないからです。

3.「ちょっと話があるんだけど……」
この出だしはすでに男性にとって「災い」を意味しています。この後、ロマンチックなテーマなど続きません。

4.「私の(女)友達が言ってたんだけど……」
まず、この後には彼の髪型か洋服についてのこっぴどい批評が続きます。さらに男性は彼女がその女友達と自分のことを話題にするのが嫌いです。

5.「いっつも私ばかり全部しなきゃいけないのよね!」
この「いつも」や「全然」などで始まる文句。男性は女性が家でやっていることが見えていません。具体的にどこで助けが必要が説明する必要があります。

6.「最初のころ、あなたはもっとロマンチックだったのに!」
「君もね……」という男性の心のつぶやきが聞こえてきそうです。何をしたら回復するのか具体的に話し合ってみましょう。

7.「いつも人の話聞いてないでしょ!」
女友達のようなリアクションをそもそも望んではいけません。男性はどうコメントしてよいか本当に分からないのです。

8.「連絡できたでしょう!」
男性は、連絡してくる、または連絡したくない、のどちらかだけです。


※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。


参考:10 Satze, die Manner nicht horen wollen
http://maxi.wunderweib.de/leben/artikel-2971488-leben/10-Saetze-die-Maenner-nicht-hoeren-wollen.html?i=5&icid=2971444&scroll=684

男性が聞きたくない女性の8の言葉