ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの関係性を語った。イギリス『90min』が報じた。

近年のフットボール界における様々なシーンを彩ってきたC・ロナウドメッシC・ロナウドが昨シーズンからユベントスに活躍の場を移したことで、両者が同じピッチに立つ場面は減ったが、比較論は今も変わらずだ。

その両者は29日、フランスモナコで行われた欧州サッカー連盟(UEFA)の会に出席。そこで珍しく共同インタビューを受けると、C・ロナウドが隣に座り、時おり笑顔を見せ合うメッシとのライバル関係について、こう述べたという。

「僕らは15年間にわたり、このステージを欲しいがままにしてきた。こんな状況が今後のフットボール界で再び起こるかはわからない。知ってのとおり、簡単なことじゃないからね。もちろん、僕らは良い関係だ。まだ夕食をともにしたことはないけど、将来的に実現することを願うよ」

「もちろん、スペインでのプレーは懐かしいね。僕らは15年間にわたり、しのぎを削り合ってきた。良いことだったよ。彼は僕を奮い立たせ、僕も彼を駆り立てた。それはフットボール史でも素晴らしいものになる。僕がそこにいて、彼もそこにいる

サムネイル画像