タピオカミルクティーが人気の昨今、愛飲している人も多いかと思います。そんな女性の一人が疲れやすさを感じたことから病院で血液検査を受けたところ、驚愕の結果が出てしまいました。これは他人事ではありません。ご注意ください。

タピオカミルクティーは今、日本だけではなく東アジアから東南アジアまでの一帯でブームとなっています。そのうちのタイで、心臓病に詳しい医師が一人の患者の症例を自分のフェイスブックで紹介して警鐘を鳴らしました。現地で驚きを持って受け止められ話題となっています。

その患者とは46歳の女性。最近とても疲れやすくなり、どう考えても普通ではなかったため病院を訪れました。女性は心臓疾患を疑っていたため医師に心臓の検査を希望したことから心臓超音波検査をしたものの、全く問題なし。

ところがです。血液検査の結果を見て医師は驚きました。

参考記事:閲覧注意! 耳の中で何かがジタバタもがいている! 美人医師デビュー初日の仕事がハード過ぎると話題に | TABLO

女性に最近の症状について詳しく尋ねると、ここ1~2か月で体重が減少し、尿が近くなり、頻繁に喉が渇くようになったと語りました。さらにとても疲れやすくて仕事ができないほどの日もあるとのこと。

血液検査の結果は、血糖値と中性脂肪が非常に高い値を示していました。

そこで医師が最近の食生活について質問すると、女性はタピオカミルクティーを毎日1杯、近所の店で買ってきて飲んでいると答えたのです。

医師は原因をタピオカミルクティーだと判断しました。

タピオカミルクティーを毎日飲んだ結果、女性の2年前の血液検査値と比較すると、血糖値は105から359(mg/dl)に急増。タイの基準値70-99を大幅に超過しています。中性脂肪に至っては222から801(mg/dl)に。タイの基準値<150はるかに超えていました。

疲れやすく、体重が減少し、尿が近くなるこの症状は、高血糖の糖尿病でした。1日1杯のタピオカミルクティーが引き起こしたのです。

この医師は以前タピオカミルクティー1杯の砂糖の量を計測したことがあり、その結果はヒトの体内血糖量の6倍に及び、1日の適切な摂取量を超えたものでした。

「飲んでも全員が糖尿病になるわけではありませんが、太りやすくなります」

医師はタピオカミルクティーの飲み過ぎにこう警鐘を鳴らしています。何事も度が過ぎるのは良くないのでしょう。どうぞ体をいたわりながらタピオカミルクティーを楽しんでください。(取材・文◎赤熊賢)

あわせて読む:「トイレがない」「クオリティが低い」 タピオカのテーマパークがオープンしてからずっと辛辣なツッコミが多い理由 | TABLO