株式会社エアークローゼットは、同社が運営する月額制ファッションレンタルサービスairCloset」に、ネットプロテクションズの「あと値決め」決済手法を試験導入する。これによりユーザーは、サービス体験後に自ら値段を決定することができるようになる。

「airCloset」での「あと値決め」概要

2019年8月29日(木)〜9月6日(金)の期間に「airCloset」レギュラープランに新規登録したユーザーは、「あと値決め」決済を選択できる。

「あと値決め」決済を選択したユーザーは、サービス利用後にエアークローゼットが独自に設定した4項目に対して適正だと感じる価格を決定する(最低価格4,800円)。決定した価格を専用フォームから申請し、自宅に届く請求書で支払うという流れだ。

ユーザーの評価がサービス向上へ繋がる

ユーザーサービス品質や体験価値の観点から評価する4項目の内容は、「airCloset」のサービス価値の根幹である「スタイリストによるパーソナルスタイリング提案」に対する項目を中心に設定されており、「新しいファッションとの出会いにワクワクしたか」、「第三者からの反応はよかったか」、「担当スタイリストを応援したい」というもの。また、同社が実施中のアパレル廃棄問題解決プロジェクトshareCloset」などのサスティナブルな取り組みに対するユーザーの評価・関心を知るための「シェアリングへの取り組みを応援したい」という項目もある。

これによりUX(ユーザー体験)向上のための利用者フィードバックの収集を強化し、サービス改善やマーケティング施策の強化に活かすとしている。

ファッションレンタルサービスairCloset」:https://www.air-closet.com/

「あと値決め」により、利用者は不本意な対価を支払わなくて良くなるだろう。また、運営側も利用者の満足度や関心をよりリアルに感じられ、今後のサービス向上やマーケティングに大いに役立つデータを得られるかもしれない。

PR TIMES