未来の先生展2019実行委員会(東京都豊島区、実行委員長:宮田純也、以下「実行委員会」)は、多領域・他分野横断型の学びの実現を目的とした、「未来の先生展2019」を2019年9月14日(土)・15日(日)の2日間、明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー(東京都千代田区)にて開催します。本日、当日実施する予定のプログラム一覧をHP(http://www.mirai-sensei.org/)にて全て公開しましたので、お知らせいたします。


 「未来の先生展2019」は、2017年に初開催された、国内最大級の教育イベントです。今年は、“不易流行。改めて、21世紀における教育を考える”をテーマに開催されます。21世紀は、まだ20年ほどしか経過していません。残りの80年、日本社会や学校現場、そしてそれを取り巻く環境はどのようになっているのでしょうか?また、明日、1年後、10年後、40年後、80年後に必要な学びや学校、先生、教育の形とはどのようなものでしょうか?未来の先生展2019ではテクノロジーからソーシャルまで、明日使える実践から考え方を磨くものまで、日本各地や世界などの幅広い範囲から改めて21世紀の教育を考える不易流行を網羅した要素を集めます。未来の先生展2019は、来場者が“つながり”、知識や視点、つながりが“広がり”、新たな取り組みや知識が“生まれる”場です。こうして領域横断型の学びが不易流行の教育を紡ぎ出し、未来へまなざしを向けることで日本の教育を多面的に彩ります。昨年は、現役の教師だけでなく、教育系NPO、教師を志望する学生、企業のCSR担当者など幅広い層にお越しいただき、2日間で3,000人を超える人が参加しました。出展団体は、教科教育・芸術・ICT・オルタナティブ教育など幅広い領域をカバーしており、教室での講演やワークショップのほか、ポスターセッション、ブース展示、合計200 以上のプログラムを実施します。

プログラム例】(一部抜粋)
<未来の先生展2019開催記念鼎談>

未来の先生展2019開催を記念して、“「これまでの学校・これからの学校」―学校教育における不易流行をつむぎ出す―”をテーマに『学校の「当たり前」をやめた。』日本中が注目する麹町中学校 校長 工藤 勇一 先生、明治大学を変えた型破りなリーダー 明治大学 学長 土屋 恵一郎 先生、ライフネット生命創業・日本を代表するオピニオンリーダー 立命館アジア太平洋大学 学長 出口 治明 先生の鼎談が実現!

<その他のプログラムタイトル抜粋> 総プログラム数200以上!すべてのプログラムはHPをご覧ください!
これから求められる英語教師力/つまずきを乗り越えるためのセーフネット型キャリア教育/「あなたのDQはいくつ?」学校と保護者で一緒に高める子ども達のDQ(デジタルインテリジェンス)/国際バカロレア入門・中級・上級/学びや対話が深まる「問い」の作り方講座/世界のダンス教室/教師が自由であることについて考える/道徳教育はどうあるべきか?教科化・評価・教科書を点検する/「持続可能な社会の造り手」の育成に向けてー社会性・感情の学習の力ー/公立高校における「教育」×「地域」とは」-地域協働でつくる「探究」最前線-/若手実践者が学校現場でしなやかに考えていること/ICT×Education!新しい学びを体験しようー未来を創造する子どもたちに「創造的プログラミング」を!ー/子どもが主体的に動く「学級経営の基礎・基本」/時代を切り拓く「探求の力」を育む/いじめ問題の心理学、その理解と対応/学級経営×特別支援の知識で、全員を育てる学級づくりを学ぼう!~授業・学級経営で活用できる特別支援の知識~/学力向上と学校改革につながるアクティブラーニング/東大生も実践中!「学校で学ぼう!感覚の育て方」/AIによる個別最適化学習で授業に何が起こったか/お互いがお互いから学び合い・育ちあうー新人教師研修の試み/教員・スクールリーダーに必要な資質・能力とは?/”ディープフェイク”まで出現 ネット時代の「正確な情報」の読み解き方/実践者が学校現場で丁寧に考えていること/国語(言語活動)の授業は、工夫次第でこんなに楽しくなる!/子供目線で考える不登校学習支援とオンライン教材の活用/ファクトで見る小学校英語の現状と未来/不登校・かくれ不登校、親・教師の対応は・・・。~不登校から学ぶ、多様な社会のあり方とは~/タカタ先生のお笑い算数教室/地域が学校となる!夢と未来を探究する授業/先生の幸せは子ども達の幸せ!外部コーディネーターと行う学校の時間創出ワークショップ/集団を育て、自分の良さを伸ばす生徒主体のコーペラティブラーニングの実践を通して/多様な学びと教育機会確保法/カードゲーム2030 SDGs」を授業でやってみよう!/お笑い芸人が教える!「笑って学ぶSGDs」/研究倫理教育体験教室/不登校こどもと楽しむ対話「自分で引き受ける」/家で育つあり方―ホームスクーリング部門の取り組み―/シュタイナー教育体験ワーク「低学年の数の学び」/『学び合い』を語る会/石垣島から広げるSTEAMの輪/学ぶ力、生きる力を育む自立の三角形/子どものためのヨガ など多数

 未来の先生展2019当日は、新時代の学びや多種多様な学びを体験するセッションと、個人・団体による幅広い学びや教育実践、プロダクトが展示・発表されている未来の先生展2019記念エグジビジョンが開催されています。

 両日入場チケットは、オンラインサイトURLhttps://eventregist.com/e/mirai_sensei2019 )から購入が可能で、前売券一般:3,000円(税込)、前売券学生:1,500円(税込)です。本チケットの購入者は、2日間にわたる全てのプログラムに参加できます。

 未来の先生展2019実行委員会は、多元的な教育支援が多元的成熟社会の実現に繋がると考えています。「未来の先生展2019」が、様々な分野から教育の実践家たちが集い、個々の多様性を受け入れ合い、未来の教育を共創する場所となるよう努めてまいります。

イベント概要】※2019年8月30日現在 ( HP:http://www.mirai-sensei.org/
タイトル :未来の先生展201
会 期 :2019年9月14日(土)-15日(日) 10:00-18:30(開場9:45
会 場  :明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1丁目1
主 催  :未来の先生展2019実行委員会
共 催 :明治大学
協 賛    :株式会社アジアドキュメンタリーズ、株式会社アスコン、株式会社エデュケーショナルネットワーク、一般財団法人エン教育財団、株式会社mpi松香フォニックス、キリロム工科大学、株式会社COMPASS、株式会社しくみデザイン株式会社JTB株式会社ジプロス、株式会社tyotto、株式会社東京リーガマインド、株式会社トモノカイ、株式会社日本パブリックリレーションズ研究所、特定非営利活動法人very50、株式会社LITALICO
後 援 :文部科学省経済産業省東京都教育委員会、埼玉県教育委員会、神奈川県教育委員会、茨城県教育委員会、千代田区教育委員会、公益社団法人 全国学習塾協会
参加&来場者:日本全国の教員及び教育関係者そして教育に関心のある一般

【チケット詳細】※高校生以下無料
(前売券)
一般 3,000円 │ 学生 1,500円
(当日券)
一般 4,000円 │ 学生 2,000円

チケット購入オンラインサイトhttps://eventregist.com/e/mirai_sensei2019

【「未来の先生展 2019」】
HP: http://www.mirai-sensei.org/

【「未来の先生展」とは】
未来の先生展は、社会の動向を理解し、自ら学び、専門性を向上させたいと願う先生たちをはじめ、教育業界の関係者が来場し、相互に学び合う日本最大級の教育イベントです。2017年に初めて開催し、2日間でのべ3,000人以上が参加した、国内最大級の教育イベントです。本イベントでは、学校教育から生涯教育まで多彩な領域の教育について学べます。
2日間のイベントは、「つながる・ひろがる・うまれる」というキャッチフレーズを据えています。本イベントを通して、来場者同士が、“つながり”、その”つながり”から知識や視点が“広がり”、新たな取り組みや知識が“生まれる”場、教育のイノベーションの場でありたいという願いが込められています。

配信元企業:未来の先生展 実行委員会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ