2020年1月に大阪・梅田芸術劇場メインホール、2月に東京国際フォーラムホールCにてCHESSTHE MUSICAL』が上演されることが決定した。

本作は、ABBAのベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース作曲、『エビータ』『ジーザス・クライスト・スーパースター』のティムライス原案・作詞の伝説的なミュージカル1984年リリースされたコンセプトアルバムからスタートし、マレーヘッドが歌う「OneNight in Bangkok」が全米3位、また「I know him so well」は全英1位にチャートインし、一躍大ヒットとなった。1986年には、ロンドンミュージカル作品として開幕し、1989年までロングランを記録。楽曲は、クラシック的なものから、ポップス、ロックと幅広いメロディで構成されておりこれまでに世界各国で上演されている。また、2008年にはロンドンロイヤルアルバートホールでイディナ・メンゼル(『アナと雪の女王』『ウィキッド』)、アダムパスカル(『レント』)、そして全世界で2,500万枚以上のアルバム・セールスを誇るアメリカの生んだスーパースタージョシュ・グローバン他、豪華キャストによるコンサート版が上演され、話題を呼んだ。

そして、今回、2020年オリンピックイヤーに相応しく、日英キャストでの共演、ニックウィンストン演出・振付によるロンドン初演台本を用いた新演出版で『CHESSTHE MUSICAL』をお届けする。

注目のキャストにはアナトリー役に『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『ラブ・ネバー・ダイ』など、ウエストエンドで主演を務め、日本でも『プリンス・オブ・ブロードウェイ』『4Stars』等で来日し、人気を博す世界的なミュージカルスターのラミン・カリムルー。アービター役にはヴォーカルグループLE VELVETSから活躍の場を広げ『レ・ミゼラブル』『エリザベート』等今や日本のミュージカル界を牽引する佐藤隆紀が決定した。また、スヴェトラーナ役をエリアンナ、モロコフ役を増原英也が務める。

ラミン・カリムルー

ラミン・カリムルー

佐藤隆紀

佐藤隆紀

ABBAが作った圧倒的な旋律、パワフルなサウンドは、初演から30年以上経った今も尚、国境や世代を超えて音楽ファンを魅了し続けている。第二弾キャストとなるフレディ役、フローレンス役は後日発表予定とのことなので、楽しみにしておこう。


演出・振付ニック・ウィンストン コメント

冷戦を背景にした、愛についての壮大なロックオペラCHESS』の演出家・振付家として、再び日本に戻ることができて光栄です。この新たなプロダクションをお客様に体験していただけることが楽しみで仕方ありません。素晴らしいキャストオーケストラが、この象徴的なスコアをお届けいたします。革新的なクリエイティブ・チームと私は、愛されつづけているこの政治スリラーに新鮮な動力を与え、劇場での痺れる一時を生み出します。

プロフィール
イギリスの演出家、振付家。
『フォッシー』(ロンドン公演)のオリジナルキャストとして活躍後、演出家・振付家へ転身。現在、ロンドンミュージカル界で、トップ10に入る振付家として注目を集める。ウェストエンド公演『アニー』、『ルーザーヴィル』『ホリッド・ヘンリー』『オズの魔法使い』の振付を担当し、『フラッシュモブ』を演出。レスターにあるカーブ・シアターで提携アーティストとして活動し、そこで『グリース』『キューティーブロンド』の振付、『ダウンタウン物語』『真夏の世の夢』『ウエディング・シンガー』を演出、振付。その他の担当作品に、『キス・ミー・ケイト』『スウィー
ニー・トッド』『フォーリーズ』『カラミティ・ジェーン』など。2017年トム・サザーランド演出の『パジャマゲーム』にて来日、振付を担当。