労働新聞より

安倍首相ゴルフに興じていたミサイル発射
 7月24日北朝鮮(D.P.R.K.)が、東海岸より日本海へ向けて短距離弾道ミサイル(SRBM: Short-Range Ballistic Missile)二発の試射を行いました。このとき、一昨年衆院選(国難選挙)までは執拗に発動したJ-ALERT(全国瞬時警報システム)は発動せず日本国首相である安倍晋三氏は、ミサイル発射を知りながらゴルフに出かけ*、合衆国大統領トランプ氏は、「どこにでもある普通のもの」**とし、問題にしませんでした。日本では、ミサイルそのものよりもこれら日本政府、安倍氏トランプ氏の反応が話題となっていました。
<*ミサイル発射よりゴルフ 安倍首相“北朝鮮脅威”のデタラメ2019/07/26日刊ゲンダイ
<*米大統領 北朝鮮発射のミサイル「どこにでもある普通のもの」2019/07/27 NHK

また,防衛省から発表される情報は乏しいもので、合衆国と韓国から情報を集めねばならないのが現状です。

SRBMは、射程が概ね1,000km以下の弾道弾を示しますが、INF全廃条約での中距離核戦力の定義が300mile(約500km)から 3,400mile (5,500km)とされているため、多くの場合500km以下の射程の弾道弾をSRBMと呼称します。実は、SRBMに関するこの定義の混在が話をかなり混乱させています

仮に北朝鮮の元山(ウォンサン)を射点とした場合のSRBMの最大到達距離を図示します。

北朝鮮の元山を射点とした場合の到達範囲
赤線:射程500km(INF全廃条約を元にしたSRBMの定義)
青線:射程1000km(もともとのSRBMの定義)
*地図に円を描く Yahoo! JavaScriptマップ API版より

 この場合、日本の過半が射程に収められそうですが、北朝鮮の場合、日本本土向けのミサイルは、より長射程である火星7号(ノドン)などの準中距離弾道弾(MRBM: Medium-Range Ballistic Missile)が担っています。これまでも北朝鮮SRBMは、基本的に朝鮮半島内を標的としたもので日本は関係ありませんでした。従って、今年5月4日5月9日SRBM試射においては、私は「日本には届かない」として余り関心を持っていませんでした。

 INF全廃条約の定義を用いればSRBMの射程は最大でも500kmですので、北朝鮮のどこから発射しても日本には届きません。また、J-ALERTも届かないミサイル相手に発動する必要は無く、そもそも北朝鮮ミサイルの試射を日本海に向けて行いますので、すべて日本には着弾せずに海に沈みます。

 したがって北朝鮮によるSRBMの試射にたいしてJ-ALERTを発動するなど本来あってはならないことですから、これは正しい対応でしょう。

◆本来ならばゴルフしようと構わないこと
 
”「わが国の安全保障に影響を与える事態でないことは確認している」――。安倍首相は25日、北朝鮮が同日早朝にミサイル2発を発射したことについてこう言い切ると、山梨県での静養を切り上げることなくゴルフを堪能。”(前出の日刊ゲンダイ)という批判もありますが、もともと日本に届かないミサイルが、通常の試射方向に発射されたのなら、それ自体が直ちに日本に影響のあることではありません。従って静養中の首相がゴルフをしようとバーベキューをしようと何をしても関係ないでしょう。

 むしろ日本には影響を与えることのない、宇宙空間を飛び去る飛翔体に対してJ-ALERTを発動することが異常であって、かつてのJ-ALERT乱発は、2017年の所謂「国難解散総選挙」のためにJ-ALERTを政治利用していたと言って良いでしょう。

 但し、トランプ氏の”「短距離ミサイルで、どこにでもある」と述べ、問題視しない姿勢を示しました。”(前出のNHK)という対応は原則論から大きく外れています。SRBMを含め、北朝鮮による弾道弾の開発は2006年7月の国際連合安全保障理事会決議第1695号*違反で、これが長年の半島危機の核心です。尤も一大政治ショウとしての北朝鮮訪問をしたばかりのトランプ氏ですから、来年の大統領選まで北朝鮮と事を荒立てたくないのでしょう。トランプ氏が一方的に核合意を破棄して危機を創り出しているイラン核危機とは正反対の対応です。
<* 国際連合安全保障理事会決議第1695号 訳文 外務省
一.北朝鮮が、2006年7月5日(現地時間)に弾道ミサイルを複数回発射したことを非難する。
二.北朝鮮が、弾道ミサイル計画に関連するすべての活動を停止し、かつ、この文脈において、ミサイル発射モラトリアムに係る既存の約束を再度確認することを要求する。

(以上抜粋)>

 いずれにせよこのとき私は、現在連載中の「17日間、全原子力・核私設一挙訪問キャラバン」から帰ったばかりで疲れていたために「なんだSRBMか、プイッ。」と関心を持っていませんでした。

◆凄いミサイルだった
 明けて7月25日になると、24日のミサイル試射について情報が入り始めました。この時点で次のような情報を把握していました。

1)試射されたのは、ロシアの9K720イスカンデルSRBMを北朝鮮が独自改良したKN-23
2)試射は二発で、一方の飛距離は690m(後に600kmへ下方修正)
3)最大射高は50km
4)途中で軌道変更し高度20kmより上空を滑空した模様
5)ロケットモーターは、固体燃料ロケット
6)機動再突入体(MaRV: Maneuverable Re‐entry Vehicle)を搭載している可能性あり
7)最大弾頭重量は480kg
8)半数必中界(CEP: Circular Error Probability)は5〜7m
8)発射は、輸送起立発射機(TEL: Transporter Erector Launcher)を持ちい、TELは二基のKN-23を搭載する

 このKN-23は、今年5月4日9日にかけて発試射されており、7月24日には2発の試射がなされています。また、その後も試射が成功裏に続いています。

 この690kmという飛距離は、かなり衝撃的な数値です。この飛距離ですと中国九州四国が射程に含まれます。このことがすぐに頭に浮かんだ理由は、ポケモンGoで伊方や松山のポケモンソウルポケモンと交換すると650km、東京のポケモンと交換すると720kmですので、距離感覚はバッチリだったのです。

 国境から遠い元山を射点にしたときでも射程600kmで萩イージス・アショア予定地と島根原子力発電所が射程に含まれますし、射程690kmですと萩イージス・アショア予定地と関門橋西瀬戸自動車道玄海原子力発電所、島根原子力発電所が射程に含まれます。更に射点を国境に近づけると、加えて瀬戸中央自動車道伊方発電所が射程に含まれます。

北朝鮮の元山を射点とした場合の到達範囲2
赤線:射程600km(試射によって確認された射程)→関門橋、島根原子力発電所と萩イージス・アショアが射程に入る
青線:射程690km(合衆国が推定する射程*)→加えて玄海原子力発電所、本四連絡橋尾道今治ルートが射程に入る*KN-23 Missile Defense Advocacy Alliance(MDAA)
地図に円を描く Yahoo! JavaScriptマップ API版より

南北国境付近の金剛山周辺を射点とした場合の到達範囲
赤線:射程600km(試射によって確認された射程)→関門橋、本四連絡橋尾道今治ルート、玄海・島根原子力発電所と萩イージス・アショアが射程に入る
青線:射程690km(合衆国が推定する射程)→加えて本四連絡橋尾道児島坂出ルート伊方発電所が射程に入る
地図に円を描く Yahoo! JavaScriptマップ API版より

 もちろん弾道弾迎撃兵器で撃墜すれば良いという考えもあるでしょう。ところがロシアの9K720イスカンデルSRBMは、合衆国式のMD(Missile Defence)を無効化する優れた兵器であり、KN-23もその優れた性能を継承しているとみられるのです。

7月24日におこなわれたKN-23の飛程概要
試射は日本海側東北東へ向けて行われた(右上)
飛距離は430kmと690km(後に600kmへ修正)
射高は50kmのディプレスト軌道(最小エネルギー軌道なら射高はそれぞれ140kmと230km)
朝鮮日報2019/07/26より

◆合衆国式MDの隙を突くイスカンデル系9K720/KN-23 SRBM
 日本は、本来たいへんに有効と考えられているイージスMD(SM-3、中間飛翔段階迎撃)、終末高高度防衛(THAAD:Terminal High Altitude Area Defense missile)、そして終末低高度拠点防空(PAC-3)の三段階防空を整備するはずでした。このTHAADが、ミッドコース迎撃(中間飛翔段階迎撃)を担うイージス・アショアとすり替えられたところから日本の弾道弾防衛は「中抜け二段構え」となり、混乱を来しています

 ミッドコース迎撃を担うSM-3は、大気圏外の高度70km以上でなければ機能しません。9K720/KN-23は、高度50km以下のディプレスト軌道を用います。

 ターミナルフェーズの高高度迎撃を担うTHAADは、高度40km以上でなければ機能しません。対日攻撃の場合、9K720/KN-23は、THAADの射程外で高度40km未満の滑空飛行に入ります。

 最終段階の拠点防空を担うPAC-3は、高度15〜20km以下でなければ届きません。9K720/KN-23は、目標の直前まで高度40km以下、18km以上を滑空します。更に目標直前で高高度に急上昇するというという説もあります。

 従って試射で示されたKN-23の軌道、金正恩氏の発言「防御が難しい低高度滑降・跳躍型飛行軌道」では、イージスMDでは迎撃できず、PAC-3でも迎撃困難であるために、日本の弾道弾防衛はほぼ無力化されます。

 韓国の場合はTHAADがありますが、これも現状では無効化されるようです。

 更にKN-23は最終段階で跳躍(プルアップ)が可能で、高高度まで再上昇してほぼ垂直に目標へ高速突入すると伝えられています。この場合、まず迎撃は不可能です*。
<*但しこの部分は未確認で誤情報や逆情報の可能性も十分にある>

 もちろん、軍事機密の壁の向こうにある兵器の詳細な情報は、しばしば過大評価されがちですので現時点での情報を鵜呑みにする事は避けねばなりません。

KN-23の軌道についての一図説
最高高度50km最高速度M5〜7
PAC-3MSEの最大要撃高度とTHAADの最低要撃高度が40km
イスカンデルは、18〜20kmの高度を滑空する
15〜20kmがPAC-3CRI他の最高要撃高度
最終段階で急上昇したあと80〜90°の急角度で突入する
邦題”「脅威になるあれを初期に無力化」…金正恩氏、清州基地のF35を狙ったか”朝鮮日報2019/07/27より

<*上図には、下に記すように幾つかおかしなところがある。故に続報が待たれる。
1. 9K720/KN-23 SRBMは、上昇段階で固体ロケット燃料を燃やし尽くすのでミッドコースではロケット噴射しない。滑空するだけのはずである。
2. 従って、終末段階でプルアップして急上昇する為の燃料がない。固体燃料ロケットではロケットモーターの停止、再点火がきわめて困難である。一方で金正恩氏は、KN-23が「低高度滑降・跳躍型飛行軌道」をとると発言したとのことである。

イージス・アショア含むMD構想を揺るがす可能性も
 いずれにせよこの「低高度滑降・跳躍型飛行軌道」を特徴とする9K720/KN-23 SRBMは、現在の合衆国式ミサイル防衛の弱点を突いたものであり、迎撃はきわめて難しいとされています。更にこのミサイルは、半数必中界(CEP)が5〜7mと驚異的な命中精度を誇るとされています。

 KN-23の弾頭質量は約500kgですので、これが音速の数倍から最大M6〜7で命中した場合、核弾頭でなくても耐えられる構造物はまずありません

 KN-23のもとになったとされるロシアの9K720イスカンデル)は、INF全廃条約に対応するために核弾頭搭載能力を持たせていませんが、弾頭には生物、化学弾頭、各種通常弾頭、ロシアバンカーバスターを搭載できるとされています。また、既出の合衆国MDAAは、北朝鮮版のKN-23が核弾頭搭載可能であると推測しています。

 KN-23について、分かっていることはまだ少なく、それはどうかな?という情報もあります。例示した朝鮮日報2019年07月27日の図は、読んでいてかなり悩むものですが、「低高度滑降・跳躍型飛行軌道」を示す一仮説として見るべきでしょう。

 しかしながら、試射から得られた情報では、KN-23はディプレスト軌道で上昇し、ミッドコース防衛の領域外で下降に転じ、THAADの射程外でTHAADが機能しない低高度滑空飛行に移り、その高度は現在配備中のPAC-3の射高以上となります。半数必中界が5〜7mであるならば、陸上固定目標を確実に破壊できることになります。

 これは、萩へ配備予定のイージス・アショアが、安価な通常弾頭のSRBMに手も足も出すことが出来ず、先制奇襲攻撃によって僅か5〜7分で蜂の巣にされてしまうことを意味します。何しろKN-23は、固体燃料ミサイルです。燃料充填の必要がないので、前兆無しにいきなり撃ってこれますし、連射も次発装填もラクチンです。そして目立ちません。イージス・アショアが、まだ存在しないSM-6などで自己防衛するとしてもそれにより価格は大幅に跳ね上がります。虎の子の拠点防空用PAC-3イージス・アショア直衛に用いるなど本末転倒です。そしてやはり飽和攻撃によって10分で無力化する恐れがあります。

 また未確認ですが、もしも最終段階でプルアップし、M6(マーク6、音速の6倍)などの高速で垂直落下してくるのならば*、今後配備が始まるPAC-3MSEでの迎撃もきわめて困難となります。更にKN-23のもとになった9K720イスカンデル)にはMaRVが用いられていて、終末段階での迎撃を回避するという説もあります**。
<*既述のように、固体燃料ロケットモーターの停止、再点火はきわめて難しいため、上昇専用のロケット燃料を何らかの形で搭載していないとプルアップ機動は困難である>
<**但し9K720イスカンデル)は、弾頭が分離しないので、MaRVと同等の機動性を持つとしては疑問が多々ある>

 本連載において、ミサイル防衛では矛と盾の競争では、矛の方が圧倒的に有利であると指摘してきましたが、まさにその実例が目の前で展開されつつあると言えます。しかもこの矛と盾の競争、明らかに矛の方が先行しているのです。次回以降、このKN-23がイージス・アショア日本配備に及ぼす影響について現在手に入る情報に基づいて論考します。

『コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」』ミサイル防衛イージス・アショア12

※なお、本記事は配信先によっては参照先のリンクが機能しない場合もございますので、その場合はHBOL本体サイトにて御覧ください。本サイト欄外には過去11回分のリンクもまとまっております。

【牧田寛】

Twitter ID:@BB45_Colorado
まきた ひろし●著述家・工学博士。徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。勤務先大学との関係が著しく悪化し心身を痛めた後解雇。1年半の沈黙の後著述家として再起。本来の専門は、分子反応論、錯体化学、鉱物化学、ワイドギャップ半導体だが、原子力及び核、軍事については、独自に調査・取材を進めてきた。原発問題についてのメルマガ「コロラド博士メルマガ(定期便)」好評配信中

労働新聞より